ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

カイロ誕生の話

 

カイロプラクティック(≠整体)の創始者、ダニエル・デビット・パーマー(1845~1913/上の写真)はアメリカ、アイオア州のダべンポートで治療業を営んでいました。


ある日のこと、パーマーは彼のオフィスの入ったビルで働くハービィ・リラート゛という青年に会いました。 そして彼は、ハービーが重度の難聴であり、それが17年前に突然起こったという事を知りました。また病院(医者)では全く原因がわからないという事を聞いたパーマーは、ハービィに興味を持ち、彼の体を観察してみました。 するとパーマーはハービィの背中を触って行くうちに、背骨のある部位に異常な感触があることに気づきました。


1895年(明治28年)の9月18日、パーマーはハービィを説得し、自分の手を使って異常のある背骨の部分に素早い押圧を加えてみました。すると、なんと17年間も聴こえなかったハービィの聴力に変化が現れ、その後数回の施術により、ハービィの聴力は完全に回復しました。


パーマーは、自分が行なった行為で何が起こったのか?いったい何がハービィの聴力を回復させたのか?について膨大な文献などを調べ考察しました。 そして、パーマーが導き出した結論は、「病気は、神経のトーン(はたらき)の変調によって引き起こされる。」というものでした。また「背骨に起こった異常(サブラクセーション)は、神経のはたらきに変調をきたす原因になる。」という、当時の西洋医学には無かった新しい概念でした。

 

そして、この新しい医学的概念は、パーマーの施術を受けて心臓病を克服した娘の父親であるサムエル・ウィード牧師の提案によって、ギリシャ語源のカイロ=「手」とプラクティコス=「~なされる/技術」とを合成したカイロプラクティック(Chiropractic)と名づけられました。

 

但し、骨格を調整するという治療行為そのものの歴史はとても古く、紀元前、西洋医学の父、医聖とされている、古代ギリシャ時代の医師ピポクラテスらによっても行なわれていました。しかし、それらを再発見するとともに、科学的、医学的に理論体系化し、洗練された手技医学として確立されたものがカイロプラクティック(≠整体)なのです。

 

 

D.D.パーマーによって創始されたカイロプラクティックは、彼が設立したパーマー・スクール(現パーマー・カイロプラクティック大学)で教えられ、彼の息子であるB.J.パーマーやD.D.パーマーの教え子達へと引き継がれ発展して行きます。

 

そして、カイロ治療を受けた多くのアメリカ国民の支持を受け、1913年のカンザス州での法制化を最初に、1974年迄には、アメリカ全州において医療(プライマリー・ヘルスケア)として法制化されました。 その後、世界中に広がったカイロプラクティックは、欧米先進国を中心に、現在までに世界44カ国で医療または代替医療として法制化されています(近年では、2007年にイタリアで、2010年にはイスラエルで医療として法制化されています)。

 

また、カイロの誕生からおよそ1世紀後の1997年には、世界カイロプラクティック連合(WFC)が国連のWHO(世界保健機関)のNGO(非政府組織)メンバーとして正式承認され、正統なヘルスケアとしての確固たる地位を築くに至っています。(現在WHOが認めている医療は、西洋医学以外では針灸とカイロプラクティック)

 

補足/日本人で最初のカイロプラクターは、日系人の森久保繁太郎氏(ウィスコンシン州にて開業)。日本に初めてカイロプラクティックが紹介されたのは、1916年にパーマースクールを卒業し、帰国をした川口三郎氏(神奈川にて開業)によるとされています。

 


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

2016年10月01日

カイロと哲学の話

ユニバーサル・インテリジェンス(宇宙の叡智)

カイロプラクティック(≠整体)には哲学があります。ここで少し紹介しましょう・・

 

カイロプラクティック哲学には、宇宙には全てのものを創造した知性(ユニバーサル・インテリジェンス)があるという大前提があります。 カイロプラクティックが扱う「ユニバーサル・インテリジェンス」には、宗教の神仏のような「人格」というものはありません。ユニバーサル・インテリジェンスには秩序立った、不変的な宇宙(自然)の法則があるのみです。その姿形を見ることはできませんが、私たち人間も、ユニバーサル・インテリジェンスによって(確かに)存在しているという訳なのです。

 

イネイト・インテリジェンス(内なる叡智)


そしてカイロプラクティック哲学では、このユニバーサル・インテリジェンスの一部分であり、私達の内側に存在している先天的な知性のことを「イネイト・インテリジェンス」(以下イネイト)と呼んでいます。

 

イネイトはユニバーサル・インテリジェンスが創った物質を寄せ集め、(ある)知性を使ってそれらの物質を組み合わせ、生命という現象を起こし、それを維持し、そして終わらせたりもしています。 イネイトは(人間が生きている間は)生命活動を維持するために、主に脳を司令塔にした神経系を使い、24時間休み無く、常に身体を監視し、制御、統合しています。

 

ですから(人間の体のことを誰よりもよく知っている)イネイトが、常に100パーセントの状態で働くことが出来れば、人間(生命)は100パーセントの能力(自己治癒力や身体的パフォーマンスなどの能力)を発揮することが出来るでしょう。

 

一方、もしもイネイトが100パーセントの状態で働くことが出来なければ、人間(生命)は、本来備わっている能力を100パーセントの状態で発揮することは出来ないでしょう。仮にイネイトの働きが20パーセント低下しているとすれば、80パーセントまでが、その人間が発揮することの出来る最大能力、能力の限界点になるでしょう。

 

では、イネイトが100パーセントの状態で働くことが出来ない状態があるとしたら、それにはどのようなケースが考えられるでしょうか

 

1つは、イネイトの力を超える様な、たとえば物理的な力や化学物質、放射線などによって神経細胞(または正しい遺伝子情報)そのものが破壊されてしまう様なケース。 そしてもう1つは、神経のスムーズな流れ(はたらき)が、体の何処かで、何かによって妨害されている様なケースです。


イネイトの持つパワーを最大限に引き出すには


解剖学的に見て、イネイトの働きを妨げる可能性のある、神経の流れ(はたらき)の滞りや乱れが最も起こり易い部位として、脊髄が収まり、末梢神経の多くが出入りをしている脊柱(背骨および骨盤)とその周辺が挙げられます。

 

それ故にカイロプラクティック(≠整体)では、神経の流れ(はたらき)が妨害されている状態(サブラクセーション)を取り除くことにより、イネイトの働きを最大限に引き出す(できるだけ100パーセントの状態に近づける)様にしているという訳です。

 

近年、遺伝子分野の研究が進み、私達の未来に大きな希望を与えてくれています。しかし、人間(生命)というのは、たとえば、時計を分解しても組み立て直せば再び動き出す・・という訳には行きません。実験室で人間の細胞を構成している物質を寄せ集めても、生きた細胞(生命)そのものは創れません。

 

また、量子物理学の分野では「物質(素粒子)の究極は物質にあらず」ということが分かって来ています・・いったい何が生命を創り出すのか?・・おそらく私達人間には永遠の謎でしょう。

 

しかし、たとえそれが永遠の謎だとしても、私達は「ユニバーサル・インテリジェンス」や「イネイト・インテリジェンス」の存在を感じたり、また、その叡智を活用することが出来ます。

 

PS:今日では少数派ですが、カイロプラクターの中には、こうした哲学的な要素(生気論とも言います)を主張する原理主義的な人たちもいます。


今日の大多数のカイロプラクターは、医学(科学)をベースとした見方(診方)をする「ミクスチャー」と呼ばれ、アジャスト(調整)を主体に様々な方法を組み合わせたアプローチを行っています。


筆者は「ミクスチャー」としての教育を受けており、それに基づいたアプローチをしていますが、カイロの効果を最大限に発揮するには、学的な捉え方というのも重要だと考えています。

 


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

2016年10月01日

観点を変えてみると

あなたは「奇跡の人」の中の1

長く病気を患っている人、健康上の問題でお悩みの人の中には、現在の状況などから、自分は幸福ではない、不幸、不運だと思っている人もいるかもしれません。確かにその様に思ってしまうのも無理のないことです。

 

・・・でも、別の観かたも出来ます。 それは、現在の状況がどうであれ、今、あなたは確実に生きているということです。

 

あなたは人類が誕生してからおよそ700万年、気が遠くなる程の長い年月の間、想像を絶するであろう過酷な自然環境の変化や、自然災害、獣との戦い、細菌やウイルスとの戦い、幾多の飢餓、戦争などを経て生き残った「命の伝承者」の1人(生物界のスーパーエリート)であり、「奇跡の人」に他なりません。

 

仮に、何万人(更に人類の先祖を含めれば数億匹)もいるあなたのご先祖様のうちのたった1人(1匹)でも、上記のいずれかの理由で生殖の前に死んでいたのなら、あなたは確実に存在していないのです。

 

私達の周りには人間がいっぱいいるので忘れてしまいがちなのですが、これは宝くじで1等に当選するよりも、はるかに凄いこと(確立)なのです。

 

どうですか?今、生きているというその事実だけで、既にあなたは幸福(幸運)だと思いませんか? もちろん、どの様に思われるかはあなたの自由ですが・・・筆者は時々そのことを考えると、背筋がゾクゾクとしますし、感謝という気持ちが生まれて来ます。

 

人間の身体の内側に備わっている偉大な知性

私たち人間の身体の内側には、生命を創り出した偉大な知性(イネイト・インテリジェンス)が宿っています。そして、その知性が作ったDNA(遺伝子)には、上記の様な幾多の苦難を乗り越え、蓄えられて来たパワーが詰め込まれています。

 

当然、その中には、身体を修復したり免疫システムなどの病気を治すための力も備わっています。これがいわゆる自然治癒力というものです。そして、私達の内側にある知性こそが、究極的に、人間の身体のことを最も良く知っている医者(あなたの主治医)であるとも言えるでしょう。

 

自然治癒力を最大限に高めるには では、人間の身体の中に備わっている知性(自然治癒力)を最大限に引き出すにはどの様な方法があるのでしょうか? 最近では自然治癒力を高めるのに効果があるとしている健康食品やサプリメントも数多く出回っています。

 

但し、それらは身体の外側から取り込むもので、いわば自然治癒力を高めるための燃料、添加剤です。また、それらがその効果を十分に発揮するためには、エンジンや電送系が正常に機能していることが大前提になります。(ここでは人間を自動車に喩えています)

 

ですから、人間の身体の内側に備わっている知性に関わるエンジンや電送系に異常があれば、生活習慣を改めたり、運動を行ったり、外側から何かを取り入れるだけでは、せっかくの努力も十分に報われないかもしれません。

 

カイロプラクティックの目的とは

あなたの内側の知性は、脳を司令塔とする神経内分泌系を使って、体全体を制御しています。脳から発せられた指令が、神経やホルモンを通じて、全身の組織、細胞にまで伝わっています。

 

ですから、脳からの指令が何かの不具合によって身体に正確に伝わることが出来なくなれば(或は身体からの情報が脳に正確に伝わることが出来なくなれば)、あなたに備わっている自然治癒力や身体能力を十分に発揮することも出来なくなってしまいます。

 

この様な状態のことを古典的なカイロプラクティックではサブラクセーション(当HP上では関節機能障害と表示)と呼んでいます。そして、その多くは脊椎(背骨や骨盤)の関節部分で発生します。

 

関節機能障害(神経の働きの乱れ)をリセットすることで神経系のはたらきを正常化し、脳からの指令が全身に正しく伝わることが出来るように(或は全身からの情報が脳に正しく伝わることが出来るように)促し、人間の内側に備わっている知性(自然治癒力、身体能力)を最大限に引き出すことこそがカイロプラクティック(整体ではありません)の目的なのです。

 


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

2016年12月20日

体のゆがみは善か悪か?

 

自然界に完全なる左右対称はありません

森羅万象、自然界に完全なる左右対称なものは存在しません。

 

もしも左右対称なものがあるとすれば、それは人工的に作られたものです。(例えばインドのタージ・マハル宮殿の様に)

 

人間の身体は通常、心臓は体の左側に、肝臓は体の右側にそれぞれ1つずつあります。(既に、これらの時点で人間の身体というのは左右が対称ではありません) また、肝臓は臓器の中では最も重量があるため、人間の身体というのは(背骨を中心に)左側よりも右側の方が少し重く出来ています。

 

そのため、人間の歩行時の身体の重心線というのは、背骨の真ん中よりも少しだけ左側にあります。 そして、皆さんご承知の通り、人それぞれに利き腕や利き足がありますし、利き目というのもあります。

 

・・左右で使い方が異なるのですから、左右で筋肉のバランスが多少異なっていたり、身体に多少のゆがみがあるのはごく普通の事とだと言えるでしょう。

 

皆さんご存知の様に、陸上のトラックは左周り(反時計回り)、野球の走塁も左周り、スケートのリンクも左周りです。

 

何故かというと、洋の東西を問わず、大多数の人は左足が軸足であるため、左周り(反時計周り)の方が回り易いからです。(第一回目の近代オリンピックが開催された際、トラックは右周りでした。しかし、コーナーで転倒する選手が続出したために、第二回大会からは左周りに変更され、現在に至るそうです)

 

こうした事実と照らし合せてみると、自然界(生物界)では、左右対称でないことがむしろ自然であって、対称なことの方が不自然になります。筆者は数万人の方々の背骨や骨盤を拝見して来ましたが、程度の差はあるものの、左右が全く対称だった人には今まで1度も出会ったことはありません。

 

最近では、テレビ番組や健康誌などの影響もあり、見た目の身体のゆがみや身体的なバランスと健康との関係に関心を持たれる方が増えています。

 

もちろん、カイロプラクターである筆者としては、皆さんに姿勢と健康、脊椎(背骨や骨盤)と健康との関係について、関心を持っていただけることは喜ばしいことです。

 

ですが、身体(背骨や骨盤)のゆがみ=全て悪いものだと決め付けてしまう最近の風潮(ゆがみビジネス)というのは、いささか行き過ぎた感があり、「健康を維持する」という観点から見ると危険性さえもはらんでいると筆者は捉えています。

 

身体の歪みは、人間が持つ適応力のひとつ

人間には適応力(許容力)があります。例えば身体のある部分の機能が損なわれたり、負担がかかる状況があれば、他の部分を上手く使ってそれを補うことで、その人間(個人)が最も効率的に活動することが出来る様に適応します。

 

筆者は、身体のゆがみというのは、人間の持つ適応能力のひとつでもあると捉えています。つまり、身体がゆがむから(脳が身体をゆがませるから)こそ、時として人間は快適に活動することが出来るという訳です。

 

例えば、腰部に慢性的な椎間板ヘルニアのある人でも、背骨を左右どちらかに傾き気味な姿勢をとれば(大抵は無意識的にそうなっています)、痛みやシビレをそれ程感じずに日常生活を送れる人も多いのです。これはヘルニアによって神経が圧迫されることを避けるための(脳による)適応姿勢です。そしてヘルニアが無くなれば、何もせずとも自然に元の姿勢に戻ります。

 

また骨粗鬆症などで背骨(胸椎)に圧迫骨折を起こした高齢者の背中は、治癒後に前に曲がった姿勢になりますが、このゆがみ(曲がり)は骨折によって狭くなった神経の通り道を広げるための(脳による)適応姿勢だと言えます。ですから圧迫骨折の経験のある人の背中は曲がっては見えますが、歩くことはもちろん、普通に日常生活を送ることが出来る人が多いのです。

 

・・こうした方々の背骨のゆがみを矯正する(真っ直ぐにする)ことに、臨床上、何の意義があるのでしょうか?

 

また「身体のゆがみ=悪い」という考えのもとに、こうした方々の(見た目の)ゆがみを矯正したとすれば、どうなってしまうのでしょうか?

 

そして、これは椎間板ヘルニアや圧迫骨折の人に限った話ではなく、全ての人の身体のゆがみについても言えることなのです。

 

最近は美容、容姿目的で骨盤や背骨の見た目のゆがみを矯正したいと考える人も多く、またそうした矯正を謳った整体やサロンも数多く見受けられます。

 

そうした矯正術の効果の程はさておき、仮にそうした見た目のゆがみが、その人の健康を維持するための脳による適応反応であるならば、何が何でも真っ直ぐにしようとする容姿目的での無理やりな骨格矯正というのは、結果的に(せっかくの)脳による適応反応を崩すことになってしまうでしょう。

 

もちろん、見た目の身体のゆがみの中の一部には、例えば重度の側湾症の様に、神経や内蔵などに悪影響を与え、健康を害するタイプのものもあります。

 

まとめ:身体のゆがみには、健康にとって良くないものもあれば、そうではないもの(その人によっては、時に健康状態を維持するために必要なもの)もあります。

 

ですから、何が何でも身体のゆがみを直す(真っ直ぐにする)という安易な発想ではなく、その人(個人)にとっての最もバランスがとれた状態にすることの方が賢明だと言えるでしょう。

 

・・身体が多少曲がって見えようが、見えまいが、健康にとって最も重要なのは神経の機能性(働き方)にあります。 そして、機能が正常の範囲内にあれば、見た目の身体のゆがみというのも、その人(個人)にとって最も適した状態(場所)に落ち着くものなのです。

 

人間(生物)の最大の特性は、許容性(ファジー)にあると言えるでしょう。

 


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

2016年12月20日

見た目のゆがみは結果に過ぎません。


姿勢を制御しているのは神経系です

カイロプラクティックで身体のゆがみ改善が改善することはよくあります。しかし、こうしたゆがみの殆どは、痛みなどの症状を起こしている原因ではありません。

 

身体のゆがみの多くは、神経(脳)がコントロールしている筋肉の緊張状態のアンバランスによって発生しています。つまり、原因というよりも結果なのです。(カイロの治療目的は、背骨を真っ直ぐにすることでなく、神経の働きの正常化です)

 

脳科学から見て、カイロプラクティックで身体のゆがみが改善するのは、主に関節機能障害(神経の働きの乱れ)をリセット(調整)することで、神経(脳)のはたらきが正常化され、筋肉や筋膜組織の緊張バランスが整うことによる結果だと言えます。

 

仮に、「背骨」をキャンプ用の三角型テントの支柱に、そして「筋肉」をテントの支柱を安定させるために地面に張るロープとして考えて見ましょう。

 

 

ロープ(筋肉)の張りが均等で無ければ、支柱(背骨)は不安定となり、テントにたわみが出たり傾いてしまいます。これが身体がゆがんでいる状態です。 そして、ロープ(筋肉)の張り具合が均等になる様に調節(コントロール)をしているのが神経系(脳を司令塔とする神経のネットワーク・システム)です。

 

参考:身体のゆがみの発生過程

 

神経系(脳)働きに乱れ、アンバランスが発生

神経の制御を受ける筋肉の緊張にアンバランスが発生

主に緊張の強い側の筋肉に骨が引っ張られてゆがみが発生


つまり、ゆがみやズレが直ったから痛みなどの症状が改善したのではなく、神経の働きが正常化したから、痛みなどの症状が改善したり、身体のゆがみが改善するのです。

 

身体のゆがみ・ズレ≠関節機能障害(神経の働きの乱れ)

もちろん、カイロプラクティックでは姿勢や身体のゆがみを重視しています。何故なら、身体のゆがみは神経の状態を探る手掛りとなるからです。

 

但し、身体にゆがみがあることと、関節に機能障害があることはイコールではありません。(重要なポイントです!)

 

当院がアジャストメント(調整)の対称としている関節機能障害(神経の働きの乱れ)というのは、見た目で分かる様な背骨のゆがみや骨の位置のズレではありません。

 

身体がゆがんでいても、関節に機能障害が無く、また神経系の働きが正常であれば、健康的には問題ありません。しかし、見た目にはゆがみが無くても、神経系のはたらきに異常があれば、健康上の問題を引き起こす原因となります。

 

皆さんの周りには、背骨が曲がっていても健康に過ごされている高齢者は大勢いますし、一見ゆがみの無い人(レントゲン写真では異常の見られない人)でも、関節の機能障害が原因となり、腰痛などの症状を訴えている人が臨床の現場では大勢います。

 

また身体のゆがみには、生まれつきの骨の形状や筋肉の長さの違い、過去の骨折などが原因となっているものもあります。

 

しかし、これらに起因した身体のゆがみというのは、脳による適応反応(補正作用)によるものが殆ど(例:骨粗鬆症の圧迫骨折の治癒後に背中が円くなる)ですから、その人にとって全体としてバランスがとれ、神経系のはたらきに異常がなければ健康を損なう要因にはなりません。(この様な場合、脳はあえて身体をゆがませる事で、その人にとって最も快適に活動ができる状態を作っているとも言えるでしょう)

 

ですから、身体にゆがみがあるか無いかということだけで、健康か否かという安易な判定はすべきではありません。補:ゆがみに関する科学的な検証

 

また、そうした事が考慮されずに行われている容姿・美容目的などでの無理な骨格矯正というのは、脳の適応反応(補正作用)を崩壊させたり、新たに関節機能障害(神経の働きの乱れ)を発生させるなどし、その人の全体的な健康バランスを崩してしまう危険性さえあります。

 

健康の回復や維持に重要なのは機能性(働き方)なのです。 関節機能障害が無く、また神経系のはたらきが正常であれば、背骨や骨盤などのゆがみも、その人(個人)の健康にとって最もバランスのとれた場所に落ち着くものなのです。

 

 

関節機能障害(神経の働きの乱れ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包という膜に覆われています。本来、関節はその関節包の中で正常に動いてなければなりません。

しかし、何かしらの原因により関節包の中の0.5~3mmの動き(自動車のハンドルのあそびのようなもの)が損なわれ、関節内部がスムーズに動かなくなってしまう場合があります。

これを関節機能障害と言います。

 

関節には関節の位置、動き、振動、速度、痛みなどの情報を感知し、神経を介して脳に伝えるⅠ~Ⅳの4つのタイプの感覚受容器(センサー)があります。

関節機能障害の発生した関節では、それらの受容器(センサー)が誤作動を起こすなどし、脳(神経系)の働きに乱れ(アンバランス)が生じます。

その結果、痛み、シビレ、凝り、自律神経の不調などの症状が発生するようになります。

尚、関節機能障害(神経の働きの乱れ)は機能的な異常であるため、主に形状や位置などの構造的な異常を調べるX線やMRIの画像では確認することができません。

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係

 

 

関節機能障害(神経の働きの乱れ)が原因である可能性があるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など

 

 

巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。


 

2016年12月20日
» 続きを読む