カイロプラクティックの原理&理論



カイロプラクティックの定義

神経筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、関節のアジャストメント(調整)もしくはマニピュレーションを含む徒手治療を特徴とする。(世界保健機関ガイドライン)

分かりやすく言うと、骨格(関節)の異常を手技を用いて調整することにより、神経の働きを正常化して、痛みの軽減、機能の改善、ゆがみの改善、自然治癒力を高めることなどを行う治療法です。

※日本医師会の医学用語辞典では、カイロプラクティック=脊椎徒手療法、カイロプラクター=脊椎徒手療法の専門家とされています。

カイロプラクティックの治療目的

 

カイロプラクティックでは、脊椎(背骨・骨盤など)と神経系との関係性に着目しています。

神経系は脳からの指令を身体の各部位に伝え、また身体の各部位からの情報を脳に伝える器官です。筋肉の伸縮、血液やリンパ液の流れ、内臓の動き、免疫機能、姿勢の維持、そして心のはたらきさえをも制御・統合しているのは、主に脳を司令塔とする神経系(中枢・体性・自律神経)の伝達(ネットワーク)システムです。

つまり、私たち人間は神経系の働き(脳ー神経の伝達システム)がスムーズであるからこそ、恒常性(ホメオスタシス)も維持され、毎日を健康に過ごすことが出来るのです。

そして、カイロプラクティック(日本の整体ではありません)では、脳ー神経系の働きの異常(神経の伝達システムの異常)が健康を損なう原因になると捉えています。

つまり、脳の疲労(機能低下)などの何かしらの要因によって、神経系の働きが「過剰*になるか「過小*な状態になると、神経の伝達(ネットワーク)システムに異常をきたし、人間に元々備わっている自己治癒力や身体能力を十分に発揮できなくなる...という訳です。

*生理学の言葉で「過剰」とは、神経細胞膜の活動電位の閾値が下がり、神経が興奮し易い状態(易脱分極)を意味します。また「過小」とは、活動電位の閾値が上がり神経が興奮し難い状態(難脱分極)を意味します。(難しいという方は、過剰=神経が興奮し過ぎ、過少=神経がリラックスし過ぎ、とお考えください)


こうした医学的根拠からも、神経の働きをスムーズに保つことが、健康状態を維持したり、様々な身体能力を十分に発揮するうえでの大前提だと言えるでしょう。

 

脊椎(背骨)と神経系との関係について

 

背骨の中には脊髄という太い神経のパイプが通っていて、脊髄から枝分かれした末梢神経が背骨の隙間を通って身体の各器官へと繋がっています。もしも背骨が歪んだりズレることで、背骨の隙間を通っている神経(下の図の部分)が圧迫される様なことが本当にあれば、身体にとって良くはなさそうです。

喩えるのなら、水の流れているホースを途中で踏みつけると、ホースの先端からの水の出が悪くなるようなものです。

カイロプラクティックには120年以上の歴史がありますが、今ほど科学が発達していなかった初期の時代には、背骨の位置がズレて神経が圧迫されることで(神経の伝達が妨げられ)自然治癒力が低下し、痛みなどの症状や様々な病気が起こるとする考えがありました。

その為、20世紀以前のカイロプラクティックでは、見た目の背骨の歪みや骨の位置のズレを矯正する(部分の神経の圧迫を減少させる)という考えが主流であり、骨のズレを矯正して神経圧迫を取り除くことで、脳から身体の各器官へ送られる神経伝達を正常化することを治療目的としていました。

そのため治療方法には、手を使って骨に瞬間的に力を加えることで、骨の位置のズレを直そうとする発想による矯正方法(スラスト)が主に行われていました。

確かに「背骨がズレて神経が圧迫される...」というカイロの説明は単純明快であり、一般人も理解し易いものでした。

しかしながら、その後の科学研究の進歩によって、カイロなどの手技療法で取り扱う骨の変位、ズレ程度では、(部分の)神経は直接圧迫を受けないという事実が判明して来ています。

そして、EBM(科学的根拠)を重視する今日の世界のカイロプラクティックでは、「背骨の位置のズレ→神経圧迫病因説」はほぼ否定されています。

また手技による骨格矯正の効果の理由というのは、構造的な異常(見た目の歪みやズレ)を直したことによるものではないということが、近年の脳科学や神経科学の研究などからも分かって来ています。

そうしたことから、近年のカイロプラクティックでは「神経系の正常化を促す」という治療目的そのものは普遍ですが、治療の方法ならびに矯正の方法については、以前とは違い、変化しています。補足:ゆがみに関する科学的な検証


カイロプラクティックの治療(矯正)は脳に影響を与えている。

 

近年の脳・神経科学から見たカイロプラクティックの治療効果というのは 、「関節に動きを与え、 関節などの受容器(神経のセンサー)の誤作動状態をリセットすることで、末梢神経から中枢神経(脳・脊髄)に適切な情報が入力され、脳のはたらきが正常化したことによるもの 」との認識、示唆がなされています。

分かりやすく言うと、カイロの治療(矯正)は骨の位置を直しているから効果があるのではなく、脳に適切な刺激を与えているから効果があるという訳です。

これを痛みなどの症状を起こす原因から順を追ってみると、以下の様になります。

関節受容器の誤作動→ 末梢神経から脳への異常な情報の入力 → 脳が認識→症状


関節の受容器と脳との関係

身体を制御する司令塔である脳(神経細胞)が生存するための条件は、燃料である酸素とグルコース(ATPを産生)、そして「刺激」です。ここでいう刺激とは、五感、また関節や筋肉などにある受容器(センサー)から脳や脊髄に伝えられる様々な情報のことです。

つまり、脳(神経細胞)は、末梢(身体)に命令を送り、制御・統合していると同時に、末梢(身体)からの刺激(感覚情報)に依存することで生きているのという訳です(脳は末梢からの刺激がないと機能低下を起こし、最終的には脳の神経細胞は死んでしまうということです)。

 

皮膚、筋肉、靭帯、関節などにある、感覚情報を検出する装置(神経のセンサー)のことを「受容器(receptor)」と言います。

受容器(神経のセンサー)には様々な種類があって、それぞれが特定の種類の感覚(触、圧、位置、振動、速度、痛みなど)を検出し、常時それらの情報を末梢(求心)神経を使って脳や脊髄に伝えています。

そして、脳や脊髄は各受容器から送られて来た情報をキャッチし、それらの情報を瞬時に分析します。そして、身体の各部位が適切な行動を行うように、末梢(遠心)神経を使って必要な指令を筋肉や靭帯などに送っています。

そして、身体の中心部に位置している脊柱(背骨や骨盤など)の関節と周囲組織には受容器(神経のセンサー)が数多く存在しています。


これらの受容器(神経のセンサー)が、関節に加わる圧力、張力、速度、方向、移動距離などを瞬時にキャッチし、その情報を受け取った脳や脊髄が筋肉や靭帯の緊張状態を瞬時に変化させることで、スムーズな動作を可能にしたり、安定した姿勢を維持することなどを可能にしています。(下項へ続く)

参考:関節の感覚受容器の分類

関節受容器の種類 分布 性質
タイプⅠ 関節包 静的受容器 閾値が低く順応が遅い
タイプⅡ 関節包と脂肪体 動的受容器 閾値が低く順応が速い
タイプⅢ 関節靭帯 動的受容器 閾値が高く順応が遅い
タイプⅣ 関節包と関節靭帯 侵害受容器 閾値が高く順応しない

 

原因は関節内部のゆがみによる受容器の誤作動

(前項より)ところが、身体を強くぶつけたり、ひねったり、長時間の同じ姿勢、脳疲労の蓄積、運動のし過ぎ、妊娠などの要因によって、背骨や骨盤などの関節に過剰な負荷が加わると、関節包(下図)が緊張状態となり、関節包内部の関節面の動き(副運動)を制限してしまう事があります。

関節包内部の関節面の動きは「関節の遊び」とも呼ばれ、ちょうど自動車のハンドルに付いている遊びの動きの様なものです。

この「関節の遊び」は0.5~2ミリ程の幅の僅かな動きであり、X線やMRIなどの静止画像で確認することは困難です。

関節面の遊びの動きが制限された状態が続くと、関節包のタイプⅠ受容器(神経のセンサー)が誤作動を起こし、(たとえ負荷が無くなっても)関節包は常に緊張したままになってしまうことがあります。

 

関節内部の遊びの動きが損なわれ、関節包が緊張したままだと、次第に閾値の高い侵害性のタイプⅣ受容器(痛み・不快に関係する神経のセンサー)までもが容易に反応するようになります。

こうして反応した侵害性の受容器Ⅳからの情報が、末梢神経→脳の痛み中枢に伝わることで、痛み、シビレ、凝り、張りなどの不快感が発生する様になります。

また、脳のコントロールを受けている筋肉の緊張にアンバランスをきたすため、姿勢不良や見た目の身体のゆがみの発生原因にもなります。

この様な状態を関節機能障害(関節内部のゆがみ)と言います。


「身体のゆがみ」と「関節内部のゆがみ」の違いとは

 

一般的な身体のゆがみというのは「骨運動」と言って、例えば腕を曲げたり伸ばしたりする様な、見た目に分かる関節の動き、即ち骨の位置関係の異常を指します。多くの整体や古い時代のカイロの矯正というのは、そうした骨運動に対して行われています。

一方、関節内部のゆがみというのは「副運動」と言って、関節包内部で起こる骨運動とは異なる動き(0.5~2ミリ)の異常です。ズレというよりも動きの引っかりの様なものであり、見た目には分かりません。

骨運動が起こるのに先行して、関節包内部では別の動きが起こります。

この関節内部の遊びの動きによって、骨運動の際に関節は負担なく、スムーズに動くことが可能となります。逆に関節内部の動きが損なわれると、骨運動の可動範囲が減少したり、関節周囲の筋肉、筋膜、靭帯への負担が増して、それら部位の故障が起こりやすくなります。

また、関節内部のゆがみを修正するには、ミリ以下の単位で関節内部を動かす特殊な矯正方法が必要になります。

 

関節機能障害(関節内部のゆがみ)による身体への悪影響

  • 関節機能障害が発生すると、関節包にあるタイプⅠ受容器が刺激され、関節静的反射、動的反射が亢進するために、関節周囲組織は過緊張となります。すると過緊張となった組織にある閾値の高い侵害性のタイプⅣ受容器が容易に反応するため、痛みや凝り、シビレなどの症状が発生します。またこうした状態が続くと、脳の痛み中枢の感受性が高まるため、直ぐに痛みを感じたり慢性な痛みへと移行します。
  • 関節機能障害によって関節内部の動きが制限され続けると、痛みを抑制する役割のある太いA神経線維が不活性状態となります。そしてA神経線維の不活性は脳内の自律神経系の交感神経が興奮状態(交感神経優位)となる傾向があります。
    こうした自律神経系のアンバランスな状態は、脳の疲労を招いたり、ホメオスタシス(恒常性)の変調を来たしやすくします。また神経系と相互関係にある内分泌系(ホルモン)や免疫系の働きにも悪影響を及ぼします。
  • 関節機能障害によって、背骨(脊椎)の関節の動きが制限されることで、背骨の椎間孔周囲の静脈がうっ血することがあります。すると隣接する神経組織への圧力が増大し、圧迫気味となった神経組織は機能の低下を起こし易くなります。結果、機能低下を起こした神経と接続のある各器官や臓器の働きにも悪影響を与える可能性があります。
  • 関節機能障害によって関節の動きが長期にわたって制限された状態が続くと、受容器から脳に十分な刺激(情報)が伝わらなくなります。刺激不足となった脳内では、その関節と関係する神経細胞の老化や壊死が進みます。またそれと同時に、末梢部の関節軟骨や周囲組織(椎間板、靭帯、筋肉など)の退行変性(不活動性萎縮)といった体の老化が促進されます。

 

カイロプラクティック治療は、神経科学的なアプローチの時代へ

 

最近の脳・神経科学の分野では、関節などの受容器(神経のセンサー)から適切な情報(刺激)を入力し、脳の疲労(機能低下)を是正すると、慢性的な痛みや心的ストレスなどの症状が改善したり、神経の可塑性によって、低下した脳の機能を再構築できることが徐々に分かってきました。

また、近年では、今まで椎間板のへルニアや変性、関節軟骨の変形、背骨や骨盤などの歪みが原因だと考えられていた、腰痛や関節痛、手足の痛みやシビレ、筋肉の凝りや筋膜の張りなどの症状の多くが、関節内部の動きの異常を修正して関節の受容器(神経のセンサー)の誤作動をリセットし、末梢神経→脳や脊髄に正しい情報(刺激)を入力することで、消失したり改善することも分かって来ています。

そうしたことなどから、エビデンスを重視する最近のカイロプラクティックでは、見た目の骨の変位などの構造的な問題を改善する動き方や働き方などの機能的な問題を改善するアプローチへと徐々にシフト・チェンジがされて来ています。

こうした最近のカイロプラクティックの中には「カイロプラクティック神経学(Chiropractic Neurology)」と呼ばれる最先端の分野があります。

カイロプラクティック神経学では、脳の疲労(機能低下)が様々な症状を起こす要因だと考え、最新の脳・神経科学を応用し、臨床の場に取り入れて行くものです。

簡単に言えば、身体(皮膚、関節、筋肉、目、耳、舌など)の感覚受容器(神経のセンサー)に適切な情報(刺激)を入力することで、脳(大脳・小脳)を賦活したり、神経の可塑性を利用して低下した神経の機能を回復したり、向上することを目的としています。

例えば、見た目の背骨のゆがみや骨のズレの矯正を試みたところ、痛みなどの症状が消失したり改善したとします。

でも、神経学の視点で捉えると、それは見た目のゆがみや骨のズレを矯正したことが直接的な理由ではありません。

それは関節を動かしたことで関節の受容器(神経のセンサー)が適切に刺激され、末梢部からの情報が神経を介して脳に伝わったことで、脳の機能(働き)が変化、正常化したことによるものです。

例えば、身体の右側を矯正(アジャスト)した(実際には受容器を刺激した)とすれば、それは左側の大脳半球の神経細胞(基本的に左の大脳は体の右半身を、右の大脳は体の左半身をコントロールしています)、または右側の小脳の神経細胞に影響を与えているという訳なのです。

またカイロの矯正後には、見た目の身体のゆがみの多くに改善が見られます。

でもそれは、手で背中を押して曲がった背骨を真っ直ぐにしたからでも、ポキポキと音を鳴らして、ズレた骨を正しい位置に戻したから改善したのではありません。

それは、背骨などの関節にある受容器(神経のセンサー)を刺激したことで、小脳や大脳が活性化され、それによって脳による制御を受けている筋肉の緊張バランスが変化することで、見た目の身体のゆがみが改善する...という仕組みなのです。

 

カイロプラクティック神経学では、神経系の働きが正常であれば、身体のゆがみの多くは、個人の健康にとって最も適した位置に落ち着くもの(必ずしも左右対称とは限りません)だと考えています。

一方、ゆがんで見えるからと、何でも真っ直ぐにしようとする様な骨格矯正というのは、臨床的に意義の無いばかりか、体に無理な負担をかけたり、神経系のバランスを乱すなどし、反って健康を損なう危険性があるため、お勧めしません。

神経科学に基づく最新のカイロでは、姿勢や身体のゆがみを、神経系の状態を知るための指標、手掛かりとして利用しています。

当院では、カイロプラクティック神経学(Chiropractic Neurology)の理論をベースとした先進的なアプローチを行っています(古典的なカイロとは説明や施術方法が違うと思いますが、ご了承下さい)。

 

補足:関節機能障害(サブラクセーション)について

古典的なカイロプラクティックでは、矯正(アジャストメント)を行う箇所のことをサブラクセーションとも呼んでいます。

このサブラクセーションですが、カイロに詳しくない人にとってはちょっとっと厄介なワードです。(ネット上や書物などの誤訳、誤報も多いです)

医学用語のサブラクセーションとは、亜脱臼、すなわち脱臼はしていないが、骨の位置が変位している状態(見た目のゆがみやズレ)を意味します。

確かに、初期の頃のカイロでは、骨の変位という意味合いも含まれていた様ですが、1世紀以上の歴史を経た今日では、その概念も変化しています。

事実、2005年に刊行されたWHO(世界保健機関)のガイドラインによる、カイロプラクティック・サブラクセーション用語の最新解説では、「本質的に機能的なもの」と明記されており、医学用語のサブラクセーション=亜脱臼( 見た目の骨の歪みやズレ⇒構造的な異常)とは全く意味合いの異なるものであると記されています。

つまり(カイロの)サブラクセーションの本質とは、見た目の歪みや骨の位置の変位ではなく、「神経機能(働き)に悪影響を及ぼす関節機能(動き)の異常な状態」を意味しています。

神経機能への悪影響とは、主に関節の機械・感覚受容器(神経のセンサー)の過剰反応(活動電位の閾値低下→興奮しやすい)、または過少反応(活動電位の閾値上昇→興奮し難い)として捉えることが出来ます。

また関節機能の異常とは、主に関節内部の動き(副運動)の障害と、その結果生じる関節面の動きの障害(構成運動)です。これは見た目には確認することの出来ない「関節内部のゆがみ」として捉えることができます。

そうしたことから、当ホームページでは、一般の方が亜脱臼(見た目の体の歪み、骨の位置のズレ)との混同、誤解を招くことを避けるため、サブラクセーションという用語の使用を避け、関節機能障害(関節内部のゆがみ)として表示しています。

EBM(科学的根拠に基づく医療)が重視されている英国などヨーロッパ圏のカイロプラクティックでは、サブラクセーションは過去の歴史として扱われており、関節機能障害という用語が公式に使用されています。

 

実証されているカイロプラクティック(アジャストメント)の効果

関節可動域の改善と痛みの緩解、皮膚の疼痛耐性閾値の上昇、脊柱筋郡の圧痛耐性閾値の上昇、筋肉の電気的活動レベルと緊張の低下、血流と皮膚温度の変化、血圧の変化、メラトニン分泌の上昇、ベータ・エンドルフィンの上昇、サブスタンスPの上昇、好中球(レスピラトリーバースト)の推進、瞳孔直径のコントロールなど

補足(資料)

①:米国コロラド大学のSuh博士らの研究チームによる動物実験では、神経に25mmHg(10円玉程度)の圧力(重さ)が加わることで、神経の機能が60%低下することが判明しています。そして神経の機能が40%程であっても痛み(自覚症状)として感じない場合もあることも判明しています。

これは関節の正常な動きが妨げられることで、椎間関節周囲の静脈がうっ血し、それによる神経根への圧力の増加が、神経の機能に悪影響を与える可能性が高いことを裏付けています(注意:骨の位置がズレて神経を直接圧迫するのではありません)。また、関節に機能障害が発生してから痛みなどの自覚症状が現れるまでには、時間差(個人差)のあることを示唆しています。


②:椎間関節の動きを制限すると、非常に早い期間で関節軟骨や周囲組織(椎間板、靭帯、筋肉など)の退行変性(不活動性萎縮)が始まることが、動物実験によって確認されています。

これは、関節の神経受容器の不活性状態により、関節(末梢)からの求心性刺激が脳(中枢)へ伝わらなくなることで、脳が関節を不必要なものとして判断している可能性が高い(脳・神経の可塑性)と考えられ、関節機能障害の修正は、関節と周囲組織の老化の進行を防ぐ効果があることを示唆しています。


③:最近の研究では、関節機能に異常が起こると、関節周囲の細胞から、痛みに関係する神経伝達物質(ブラジキニンなどの発痛物質)が血液中に放出されている事が分かっています。また痛みの伝達には、脊髄を通って脳に痛みを伝える知覚神経以外のルートがある事が分かっており、細胞から放出された神経伝達物質が、シナプスをせずに、直接、脳の神経細胞の受容体に入るものがあることが分かっています(非シナプス性拡散性神経伝達/NDN)。

つまり、関節の機能障害による痛みなどの不快な情報が、神経以外にも、血液や脳脊髄液などを介して脳にまで届いていることが示唆されるという訳です。またNDNによる非シナプス性の神経伝達物質は脳内で拡散するために、シナプス性の神経伝達によって過敏となった痛覚中枢にさらなる痛みを感じさせるとともに、周辺の細胞にも痛みの情報を伝達させると考えられています。このことは、関節機能障害による身体や心への影響を理解するうえで重要です。


補足


※上記はWHOのガイドライン(2005年)、また近年の研究報告や機能神経学などを踏まえた比較的新しい内容となっています。また作用機序については完全には解明されていないため、上記の理論は(現時点での有力な)仮説とお考え下さい。

カイロプラクティックに関わらず、科学の進歩に伴い医療の理論や方法論は変わります。カイロも100年以上の歴史がありますので、既刊の書籍等とは異なる内容もあると思います。(このページの内容も数年後には改訂されている可能性があります)

また、上記は総論的なものです。神経系の働きを正常化する手段として、カイロには様々なテクニック・システム(100種類以上)があります(WHO基準のカイロプラクターでも治療院によって施術方法が違うのはそのためです)。各テクニックの理論や方法というのは各論になります。

尚、カイロプラクティックは医学、科学的な理論&研究により裏付けられた補完代替医療であり、個人の主観や経験から行われている一般的な整体とは本質的に異なります。

カイロプラクティックの歴史