施術の流れ&特徴

 

神経科学に基づく先進のカイロプラクティック!

 

当院の施術(神経科学的カイロプラクティック)は、整体やマッサージはもちろん、旧来の伝統的なカイロプラクティックとも異なります。

簡単に言えば、固く縮まった筋肉や筋膜をもんだり、伸ばすのではなく、また歪んだ骨の位置を元に戻そうと試みるのではなく、筋肉や筋膜の伸縮や身体のゆがみを制御(コントロール)している脳(神経系)への効果を狙った施術を行っています。

近年の脳・神経科学では、関節などの受容器(センサー)に適切な情報(刺激)を入力し、脳機能のアンバランスや疲労を是正すると、慢性的な痛みなどの症状や心的ストレスが軽減したり、神経の可塑性によって、低下した脳の機能を再構築できることが分かって来ています。

また、今まで椎間板のヘルニアや変性、関節軟骨の変形、背骨や骨盤などの歪みなどが原因だと考えられていた、腰痛や関節痛、手足の痛みやシビレ、筋肉のコリや張りなどの多くが、関節に適切な動きを与え、受容器(センサー)の誤作動を修正することで、消失したり軽減することが分かってきました。

当院の施術とういのは、近年明らかになった、そうした神経系の働き(脳と関節などの受容器の相関性)に着目しています。

当院では主に、骨盤や背骨などの関節に発生した機能障害(神経の乱れ)を調整することで、受容器(センサー)の誤作動をリセット(脳に適切な情報を入力)し、神経系の働きの正常化を促すという理論のもと、実績を上げています。

 

関節機能障害(神経の乱れ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包という膜に覆われています。本来、関節はその関節包の中で正常に動いてなければなりません。

しかし、ぶつけたり、ひねったり、長時間の同じ姿勢、疲労などによって関節に負担が加わることで、関節包内部にある0.5~2mmの動き(自動車のハンドルのあそびのようなもの)が損なわれ、関節内部がスムーズに動かなくなってしまう場合があります。

 

関節には関節の位置、動き、振動、速度、痛みなどの情報を感知し、神経を介して脳に情報を伝えるⅠ~Ⅳの4つのタイプの受容器(センサー)がありますが、関節内部の動きが悪くなると、それらの受容器(センサー)が誤作動を起こし、その信号が神経を介して脳に伝わることで、痛みやしびれ、コリ、張りなどが発生します。

この様な状態を関節機能障害(神経の乱れ)と言います。

尚、関節機能障害は動きや働き方の異常であるため、主に形状(変形、変性)や位置(ゆがみ、ズレ)などの構造的な異常を調べるX線やMRIの画像(整形外科)では確認することができません。

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係

 


①施術の流れ

 

調査(カウンセリング)

 

ご記入いただいた調査表などを参考に、お悩みの症状についてお尋ねします。この時点(または検査の時点)で医療機関での詳細な検査が必要と判断された場合、当日の施術を行わないこともあります。ご了承ください。

 

検査(評価)

 

どのような問題によるものかを把握するため、整形外科的検査、神経学的検査、姿勢、身体の歪み、筋肉の状態などを調べ、関節機能障害(神経の乱れ)を見つけ出します。

 

施術(調整)

 

検出された関節の機能障害を修正(受容器の誤作動をリセット)し、体から脳に適切な情報を入力することにより、神経系の働きが正常化する様に促します。また状態によって、神経反射を利用した様々なアプローチを組み合わせ効果を高めます(神経の可塑性を利用して、神経ネットワークの再構築を促します)。

 

説明

 

施術の説明、日常生活でのアドバイス、今後の施術についてご提案します。※当院では、高額な寝具やサプリメントなどの強要、勧誘セールスは行っていませんので、そうしたことが心配だという方はご安心ください。

 

②当院の施術特徴

神経科学に基づく施術を行う当院では、揉んだり、押したり、首や腰を捻ってボキボキと音を鳴らす様な施術というのは、基本的に行っていません。

旧来の手技療法の多くでは、筋肉や筋膜などの軟部組織、血液やリンパの流れ、見た目の身体の歪みなどを対象とした施術をしていますが、当院はそれらを制御している元締めである神経系(脳)を対象とした施術を行っています。

筋肉や筋膜の緊張状態を制御しているのは神経系(脳)です。

血液やリンパの流れを制御しているのは神経系(脳)です。

姿勢や身体バランスを制御しているのは神経系(脳)です。

心や感情のはたらきを制御しているのは神経系(脳)です。

では、何にアプローチするのが最も効果的なのか?・・ということなのです。

初めて当院の施術を受けられた人の中には、過去に経験したことのないソフトな施術方法と、それによる効果(調整前後での体の変化)に驚かられ、カルチャー・ショックを受ける方も多い様です。

以下に「必要最小限の力で最大限の効果を発揮する」当院ならではの施術方法の一部を、簡単に紹介します。

 

A.手技を用いて関節を動かし、受容器の誤作動をリセットする調整方法

 

1つ目は、手を用いて関節包内部の動きの異常を修正し、受容器(センサー)の誤作動状態をリセット(脳に適切な情報を入力)することで、神経系の働きを正常化を促す方法です。

この方法は、繊細な手の感覚が要求される高度なテクニックであり、これを極めた施術者の調整を受けている人の殆どは、体に軽く触れられている位の感覚しかありません。まさに「手技の極み」と言えるものです。

関節と周囲の組織には、僅かな刺激でも反応する(閾値が低い)種類のタイプⅠ、Ⅱ受容器(センサー)があり、関節機能障害(神経の滞り)が発生している関節では、これらの受容器が刺激を受けて関節包や靭帯は緊張しています。

そこに余計な力が加わると、普段よりも感受性の高まっているⅠ、Ⅱ受容器が直ちに反応(関節静的反射、関節動的反射)し、関節包や靭帯がさらに緊張するために、関節包の内部がロックされ、関節内部は殆ど動かなくなってしまいます。

関節受容器の種類 分布 性質
タイプⅠ 関節包 静的受容器 閾値が低く順応が遅い
タイプⅡ 関節包と脂肪体 動的受容器 閾値が低く順応が速い
タイプⅢ 関節靭帯 動的受容器 閾値が高く順応が遅い
タイプⅣ 関節包と関節靭帯 侵害受容器 閾値が高く順応しない

 

そのため、通常の骨格矯正や体操などの方法では(受容器に加わる力が強すぎるために関節がロックしてしまい)関節機能障害を正確に修正することは出来ません。

関節機能障害を正確に修正するには、タイプⅠ、Ⅱ受容器を刺激しないように「必要最小限の軽い力で調整を行う」ことが成否の鍵になります


B.器具を用いて関節を動かし、受容器の誤作動をリセットする調整方法

 

2つ目は、米国で開発されたアクティベータという特殊な器具を使用して、関節内部の動きの異常を修正し、受容器(センサー)の誤作動をリセット(脳に適切な情報を入力)することで、神経系の働きの正常化を促す方法です。

アクティベータによる調整は、人間の筋肉が収縮するスピードの300倍以上の速さで行われるため、関節静的反射(上記)が起こる前に、関節包内部に一定の動きを与えることが出来ます。(パチンと音がしますが、通常は痛みを伴いません)

また、アクティベータ器具から繰り出される振動(周波数)は、様々な受容器と同調する様に設定されているため、効率的に神経系(脳・脊髄)を活性化することが出来ます。


参考:2004年、米国アクティベータ・メソッドの国際上級試験に合格(甲信越地域初)。開発者でAMCT会長のDr.Fulur 氏(右)より祝福を受ける。

※状態によっては上記以外の調整方法(テクニック)も使用します。


とてもソフトなのに、何で?!、不思議?!

カイロプラクティックのイメージが変わりました。

悩まないで、もっと早くに来とけば良かった。

今度、うちの親(嫁さん、主人、子供)も診て下さい!

当院で施術を受けられた方からは、よくこの様な声をお聞きします。

そして次に、この様な体験をされるのは、あなたかもしれません。


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。