長野県松本市で国際基準のカイロプラクティックが受けられます。




当院には、巷の整体やカイロとは異なる特色があります。

WHO(世界保健機関)国際基準の確かな「知識」と「技術」

国内では数少ないWHO国際基準のカイロプラクター(公的なカイロプラクティック学位取得者)が直接施術を行っています。

豊富な「経験」と「実績」を有する熟練者です。

施術歴30年の豊富な臨床経験&実績で培われたノウハウがあります。
(オリンピック選手や国内トップアスリートへの施術経験も有り)

整体とは異なる「科学的な施術」を提供しています。

もんだり、強く押したり、ボキボキしない、科学的でソフトな施術方法ですから、子供さん~高齢の方まで安心して受けられます。

物品類の勧誘セールスは一切ありません 。

当院では、高額な寝具やサプリメント、回数券等の勧誘セールスは行っておりません(そうした事も心配..という方はご安心下さい)。


 

WHO国際基準のカイロプラクターとは

カイロプラクティックや整体の法律(資格制度)が無い日本では、教育の有無を問わず、誰でも自由にカイロプラクター等を称し、開業することが可能です。

そのため、数日間の講習会~の短期養成の業者も多く、国内業者の資質は玉石混交となっています。

一方、世界では既に、国連WHO(世界保健機関)により、カイロプラクティックの教育と安全性に関する国際ガイドラインが提示されています。



WHOガイドラインでは、安全で適切な業務を行うには、最低でも大学/学位取得レベルの専門教育の履修が必要とされており、欧米などのカイロの法制化国(44カ国)は、全てWHOの教育基準をクリアしています。

WHO国際基準のカイロプラクターとは、WHOガイドラインの定める教育基準を満たす施術者(学位保持者)を指します。

当院は、カイロ法制化国の豪州公立大学にてカイロプラティック学位(B.C.Sc.)を取得した、国際基準のカイロプラクターが施術を行っています。

現在、国内でWHOの教育基準を満たす業者はおよそ3%(甲信越では数名程)です。

 

週間朝日掲載「整体」「カイロ」見分け方・使い方


週間朝日(朝日新聞出版)で「本当に効く整体、カイロの見分け方・使い方」が特集されました。

本誌では、国民生活センターの「手技による医療類似行為の危害」報告を受け、「効果はもとより、安全面からも、WHOガイドラインの教育基準を満たすカイロプラクターのいる施設が望ましい。」として、読者が信頼のできるカイロプラクティック施設を選ぶ際の目安とする様、アドバイスしています。

WHO国際基準の詳細についてはこちらのページでご覧になれます。

 

健康の回復・維持の「鍵」は、神経系の働きにあります。

人間の身体は主に脳を司令塔とする神経系(中枢、体性、自律神経)によって制御・統合されています。


 

筋肉や筋膜の伸縮、血液やリンパの流れは神経系が制御しています。また姿勢も神経系が制御しています。そして感情さえも神経系によるコントロールを受けています。

こうした医学的根拠からも、脳(神経系)のはたらき(伝達システム)をスムーズに保つことが、体に備わっている自然治癒力を高め、身体の不調を回復したり、健康を維持していく上での重要な鍵であることについて、疑いの余地はありません。

カイロプラクティックは神経系のはたらきを正常化することを目的とする療法です。

一般的なカイロプラクティックについては、以下の動画からもご覧になれます。


腰痛、肩こり等の多くは、関節機能障害(神経の伝達異常)が原因です。

当院では、神経科学に基づく最新のカイロプラクティック理論を導入した施術を行っています。

一般的には、痛みに対しては薬物や温熱療法、筋肉や筋膜の緊張(スパズム)にはマッサージやトリガーポイント療法、体の固さ(可動域制限)に対してはストレッチや体操などの運動療法‥といった対症的な治療や施術が行われています。

しかし、これらの多くは関節内部に発生した機能障害(神経の伝統異常)に起因するものであることが、近年の臨床研究などから分かって来ました。

つまり、原因である関節機能障害を修正すれば、痛み、筋肉や筋膜の緊張、体の固さなどを、より一層、効率的に改善することが出来る‥という訳です。

人間の関節は200以上あり、その殆どは関節包(下図)という膜に覆われています。

デスクワークなどによる長時間の同じ姿勢、脳疲労の蓄積、運動のし過ぎ、妊娠による体型の変化などによって関節に過剰な負荷が加わると、関節包が緊張して関節包内部にある関節面の遊びの動き(0.5~2ミリ程)が損なわれることがあります。

X線やMRIの画像では正常でも、関節包内部の遊びの動きが損なわれ、関節包が緊張した状態が続くと、関節包や靭帯にある痛みや不快に関わる神経のセンサー(受容器)が容易に反応する様になります。

そして、それらのセンサーからの異常な情報が、神経を伝わって脳に送られることで、痛み、こり、シビレなどの症状や姿勢(背骨・骨盤)のゆがみが発生する様になります。

この様な状態のことを関節機能障害(神経の伝達異常)と言い、近年、外傷や器質的な疾患を除く、多くの腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、姿勢のゆがみなど起こす主な原因として注目されています。

当院では、主に骨盤や背骨などの関節に発生した機能障害を調整し、神経系の働き(伝達システム)の正常化を促すことで、様々な不調の改善を目指しています。

当院での施術の手順と施術方法についてはこちらをご覧下さい。

 



施術の適応症状

腰痛、ぎっくり腰、背中の痛み、寝違い、ムチウチ、首の痛み、頭痛、肩こり、肩の痛み、腕の痛みやしびれ、肘の痛み、膝の痛み、股関節の痛み、脚や足の痛みやしびれ、身体のゆがみ...などが挙げられます。

また神経系への作用により、自律神経の異常、手足の冷え、高・低血圧、生理痛、ストレスの軽減、疲労感の軽減、内蔵機能の低下、老化防止などにも効果が期待できます。

特に下記の症状や問題でお悩みの方は、当院の施術を試されることをお勧めします。


その他の適応については施術の適応症状と症例のページをご覧下さい。



当院はWHO加盟団体からの認定を受けています。


WHO(世界保健機関)は、カイロプラクティックの有効性、科学性、公益性を認め、WFC(世界カイロプラクティック連合)をNGO(非政府組織)正式メンバーとして承認しています。

WFCは世界85カ国で構成されるカイロの国際統括組織であり、日本代表には一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC)が任命されています。

同協会はWHO基準のカイロプラクター(学位保持者)のみで構成されており、国内での正しいカイロの普及、ならびに国内での法制化を推進するための活動を行っています。

当院は、日本カイロプラクターズ協会の認定治療院です。2019年現在、長野県中信地域での認定院は当院のみとなっています。

WFC、JACの活動についてはこちらの動画からもご覧いただけます。

 

当院は、松本市民と近隣地域の皆様の健康をサポートします。

平成25年、長野県松本市は基本構想2020として「健康寿命延伸都市宣言」をしました。

WHOは健康寿命を「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活のできる期間」と定義していますが、厚生労働省の示す算定方法による2016年の松本市民の健康寿命は、男性が80.27歳、女性が84.11歳(同市HP参照)とされています。

また健康寿命についての資料はありませんが、H22年の調査では、安曇野市と塩尻市の平均寿命は全国50位以内にランキングされています。(全国1位は長野県松川村の82.2歳、また同県中信地域では池田町、山形村、大町市、筑北村、木曽町などが、男性または女性部門で50位以内にランクインしています)

この様に、長野(信州)は長寿県ですが、「ピンピンコロリが理想」とも言われる様に、単に長寿であるだけでなく、少しでも長く健康的で自立した生活を送りたいものです。

痛みなどの不快な症状というのは、日常生活動作に支障を来すことはもとより、運動が制限されたり活動が消極的になることから、筋力の低下や心的なストレスを招くなどの悪循環を生じ易いため、健康寿命の延伸にとっての大きなマイナス要因となります。

当院が提供するカイロプラクティックは、関節機能障害を修正し、神経系の働きを正常化することで、自然治癒力を高め、関節の老化を予防し、転倒のリスクを減らすなどして、健康寿命を延ばす効果が期待できます。

 


書籍「整形外科医が書いた正しいカイロプラクティック」の治療院リストに、長野県中信地域からは当院が選出されました。当院はWHO基準を満たす正規なカイロプラクターを擁する専門院として、地元のお医者さんや看護師さんからも選ばれています。

松本、安曇野、塩尻ならびに近隣地域にお住まいで、腰痛や肩凝りをはじめとする身体の不調や健康上の問題でお悩みの方は、お気軽にご相談、ご来院ください。

 

当院のご案内

施術料金

初回評価料 ¥2,160(初回時のみ別途掛かります)

施術料 ¥4,320(高校生以下 ¥3,780)

受付営業時間

<完全予約制>

平日 AM9:00ーPM7:00

土日 AM9:00ーPM6:00

木曜定休・祝日は不定休

ご予約・お問合せ

☎ 0263-34-6630

詳しくはこちらもご覧下さい。

当院へのアクセス・地図・駐車場はこちらをご覧下さい。