カイロプラクティックの有効性と安全性

 

ネット上には○○整体、○○療法など、様々な種類の療法や治療院のページがありますが、それらの多くは「当院の○○は効果があります」「安全です」または「良くなりました」などの個人の主張や患者さんの感想などに終始したものばかりで、施術を受けるにあたり最も重要なポイントである、療法、治療法の客観的な有効性や安全性については殆ど触れられていません。

そこで、ここではカイロプラクティックの客観的な有効性、安全性についてを紹介します。

カイロの有効性を認めた調査・研究報告(国・政府レベルのもの)

研究・調査名 年度 当事国 有効性
ニュージーランド・レポート 1979 ニュージーランド政府 認める
メディケア受益検討委員会 1984 オーストラリア(厚生省) 認める
代替医療に関する報告書 1987 スウェーデン政府 認める
腰痛に関する脊椎マニュピレーションの適応性 1991 アメリカ合衆国(厚生省) 認める
マンガ・レポート 1993 カナダ・オンタリオ州政府 認める
ピングハム・レポート 1993 イギリス(王室基金) 認める
急性腰痛における諸問題 1994 アメリカ合衆国政府 認める
腰痛の臨床業務ガイドライン 1995 イギリス政府 認める
ムチ打ち関連疾患における医学的研究 1995 カナダ・ケベック州政府 認める
慢性非得意的腰痛管理・ヨーロピアンガイドライン 2005 ヨーロッパ連合(9カ国) 認める
カイロの基礎教育と安全性に関するガイドライン 2005 国連(世界保健機関) 認める
成人の腰痛NICEガイドライン 2009 イギリス政府(国立臨床評価機構) 認める


※何れも国際基準(WHO基準)のカイロプラクターによる施術であることが前提です。尚、これらの調査報告に整体は含まれません。


上記の調査・研究報告の要旨解説


ニュージーランド/オーストラリア

1979年、ニュージーランド政府がカイロプラクティックの調査(ニュージーランド・レポート)を行い、公正な判断を求めるために、調査委員には中立的な立場の人を選びました。調査結果はカイロプラクティックの安全性と有効性を認めるもので、世界の関係者を勇気付け、ニュージーランド、オーストラリアの法制化の契機にもなりました。



スウェーデン

1987年、スウェーデン政府の代替医療委員会は、カイロプラクターは保険制度の中に組み入れるべきと結論付けました。カイロプラクターによる安全で有効な治療は、公共の利益のために重要であるとの理由でした。



カナダ

1993年、カナダ(オンタリオ州政府)のマンガ報告書で「腰痛の治療において、カイロプラクティックの脊椎矯正が危険だという証拠を示す研究は、臨床的にもケース・コントロール・スタディーにおいても一つも無い。いくつかの医学的な治療は同様に安全であるが、他の治療は危険であり、腰痛治療による合併症を発生させたりすることがある。

我々が多くの治療法の研究を分析したところ、カイロプラクティック(≠整体)のマニュピレーション(矯正法)は他の医学的な治療法よりも安全であると言える。」として、カイロプラクティックの有効性、安全性、患者の満足度などから保険制度で費用負担されるべきとしました。



アメリカ/イギリス/欧州連合(EU)

 カイロプラクティック発祥の地である米国では、19世紀末にカイロプラクティックが創設されてから間もなく、急速な勢いで米国全土に広がりを見せました。すると、医療分野の独占を目指していた米国医師会からの批判、弾圧を受けることになりました。

米国医師会側は、カイロプラクティックを「インチキ療法」「ペテン師」などと批判し、政治的な影響力を背景に、創始者や多くのカイロプラクターを投獄するなどの弾圧を行いましたが、カイロプラクティック側は抵抗を続けました。

やがてカイロプラクティックは、施術を受けた多くの米国民の支持により、1970年代までには全州で法制化されました。しかし、その後も米国医師会の圧力により、本格的なカイロの研究は殆ど行われていませんでした。

カイロ側は米国医師会を告訴(ウィルク独占禁止法違反訴訟)し、11年間にわたる裁判の過程で、米国医師会がカイロ研究への妨害をして来たこと、カイロの有効性を隠蔽して来たこと、カイロに協力的な病院や医師へのパワハラを行って来たことなどが明るみになりました。

米国医師会側は計画的にカイロ撲滅を図った事実を認め、1990年に最高裁で有罪の判決が下されました。カイロ側が全面勝訴し、医師会との間で和解が成立したことで、長年の対立に終止符が打たれました。それ以後、研究(米国医師会からの賠償金を活用)や治療での医師との協力関係が進み、業界の発展に大きく貢献しています。

1994年に米国政府に、また翌年に英国政府により公表された急性腰痛の調査報告書(腰痛ガイドライン)は、カイロプラクティックが行なう治療方法(マニピュレーション)が既存の腰痛治療法の中でも推奨されるものであると結論付けました。この従来の整形外科の常識を覆す、カイロの有効性を認めた調査結果は、米英のみならず世界中に大きなインパクトを与えました(日本でも朝日新聞により報道されました)。

また2006年に公表された欧州連合(EU)9カ国の合同調査による腰痛ガイドラインでは、カイロプラクティック(日本の整体ではありません)の治療法(関節マニュピレーション)に客観的な有効性が認められるため、慢性的な腰痛の第一段階の治療として検討すべきであると結論付けています。

また2007年、米国医師会の米国内科学会が公表したガイドラインでは、発症後12週間以内の持続する腰痛の治療法として、カイロプラクティックを推奨しています。



世界保健機関

国連のWHO(世界保健機関)では、カイロプラクティックの有効性を正式に認めた上で、2005年に「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」を刊行しました。

ガイドラインはカイロプラクター(施術者)の教育に関する指針とカイロの安全性に関する指針の二章構成となっていますが、その中(安全性に関する指針)で「カイロプラクティック・ケアは、熟練し適切に行なえば、多くの健康問題の予防やマネジメントを行なう上で安全かつ効果的である。」としています。

※WHOでは日本の整体は認められていません。


参考:日本

1991年に旧厚生省により行なわれた「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究(通称:三浦レポート)」に代表される様に、日本の医師会(整形外科学会)はカイロプラクティックの有効性について否定的(理由は米国の医師会と同じ?)です。

海外では、少なくとも腰痛や頚部痛などの筋骨格系の問題に対してカイロプラクティックが有効であることが、科学的研究によって明らかにされているのに・・です。

日頃カイロの恩恵を受けている人からすれば??な話でしょうが、これ(三浦レポート)が、日本(医師が頂点である日本の医療システム)でカイロの法制化が進まない障壁にもなっています。

・・ところが最近になって、そうした頑な姿勢にも、ほんの少しづつですが変化が見られる様になって来ています。

具体的には、2002年の第51回東日本整形災害外科学会にJAC(日本カイロプラクターズ協会)の竹谷内宏明先生(整形外科医・医学博士・米カイロ大卒)が招かれ、カイロプラクティックについての講演が行われました。又、2003年に発行された同会学会誌には「カイロプラクティックの現状と急性腰痛に対する治療法」と題した同氏の論文が掲載されました。これが日本の医師の公式な学会、学会誌でカイロプラクティックが採り上げられた歴史上初めての出来事です。

それ以降、医学専門誌などにWHO基準のカイロプラクター(学位保持者)による研究報告やカイロを紹介する記事が取り上げられる様になっています。

また、2010年の衆議院行政監視委員会では、厚生労働大臣政務官より(日本では今後の研究が必要との姿勢をとりながらも)「アメリカなどではカイロプラクティックの有効性が認められ、WHOもそれに基づいて教育のガイドラインを出したことは承知している」と、日本の国会で初めてカイロの有効性についての言及がありました。

そして現在、厚生労働省の統合医療の情報発信サイトには、カイロプラクティックが一部の腰痛、背部痛、頚部痛、四肢の症状、ムチ打ちなどに効果的であるとした海外の情報が紹介されています。

また2014年には、医師などの有識者により立ち上げられた日本カイロプラクティック登録機構によるWHO基準カイロプラクターの登録制度が始まり、登録者名簿が厚生労働省医政局医事課に提出、受理されています。

その他、最近では統合医療を推進する世界の潮流のもと、総合病院内にカイロプラクティック部門を設置するなどの試みも始まっています。

一般の方から見れば些細な出来事かもしれませんが、それでも当方が業界に身を投じた80年代当時には全く考えられなかった話なのです。今後の業界動向が注目されます。


補足

(当院では現在行なっていませんが)伝統的なカイロプラクティックによる頚椎への施術方法の1つであるスラスト法(首をひねってポキッと音が鳴るタイプのもの)を危険視する人も多い様です。

それについて、実際(科学的)にどうなのかと言うと、

米国のペンステート医療センターとジョンズ・ホプキンス病院の神経外科研究グループによる研究レビューによれば、カイロプラクティックの頚椎へのアジャスト(マニュピレーション)と椎骨動脈解離との因果関係を示す科学的根拠(エビデンス)はないとの報告がされています。

従って、国際基準での正規な教育を修め、経験を積んだカイロプラクターによる施術であれば、安全性は高いといえるでしょう。



参考資料:JCAジャーナル、RMIT教育研究年報、毎日ライフ12月号、カイロプラクティック総覧、カイロプラクティックテクニック総覧、カイロプラクティック・マネジメント、WHOガイドライン、補完・代替医療カイロプラクティック、JACガイドブック、他