カイロプラクティックとは?整体とは?

 

カイロプラクティックとは、脊椎と神経系の関係に着目したヘルスケア

 

カイロプラクティックは1895年にアメリカで創始された療法です。(ギリシア語源でカイロ=手、プラクティック=技術を意味します)

カイロプラクティックとは、身体の構造、特に脊椎(背骨や骨盤など)と神経の機能に注目した専門医療です。カイロプラクティックの施術方法には様々な種類があり、施術者によって異なりますが、主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、痛みの軽減、機能改善、ゆがみの改善、自然治癒力を高めることを目的としています。(参考:厚生労働省「統合医療」情報サイト)

わかりやすく言えば、背骨や骨盤などを手や器具などを用いて調整することで、神経の働きを回復するヘルスケア(保健医療)です。人間の身体は主に脳を司令塔とする神経系が制御・統括していますから、神経の働きがスムーズであれば、人間は自らの力(自然治癒力)で症状を改善したり、健康を維持できるいう訳です。

一般的(伝統的)なカイロプラクティックについての説明は、以下の動画からもご覧いただけます。

動画:カイロプラクティックとは


WHOが認可している正統なヘルスケア(保健医療)

画像:WHOによるカイロプラクティックの承認を伝える記事

カイロプラクティックは、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、EU諸国などを中心に、現在までに世界44の国と地域で医療専門職として法制化(資格制度化)されています。

また国連のWHO(世界保健機関)でも、カイロの科学性、安全性、公益性を認め、補完代替医療として認可しており、世界85カ国で構成されるカイロの国際統括組織であるWFC(世界カイロプラクティック連合)をNGO(非政府組織)の正式メンバーとして承認しています。

これは、カイロプラクティックがヘルスケア(保健医療)の専門職として、国際社会に認知されていることを意味します。

WHOが認可、支持しているのは国際基準(WFC)のカイロです。巷のカイロプラクティックと称されているもの全てを認めている訳ではありません。

WFCの日本代表団体は一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC)です。WFC、JACの活動については、下の動画からもご覧いただけます。

動画:日本カイロプラクターズ協会について

WFCについて知りたい方はWFCの政策宣言をご覧下さい。

 

整体とは? カイロプラクティックとの違い


日本では整体とカイロプラクティックとを混同している人も多いのですが、両者は似て非なるものです。

整体というのは日本の民間療法です。諸説ありますが、「整体」という言葉については大正時代に使われ始めたとされています。

一口に整体と言っても、養生法として知られる野口整体をはじめ、古武術を由来とするとしているもの、欧米のカイロプラクティックやオステオパシーの技術の一部を取り入れた様なもの、指圧やマッサージの様なもの、ストレッチや体操の様なもの、スピリチュアル系のもの、また加持祈祷の類など..多種多様です。

主に各整体(院)や個人の考え、過去の経験に基づき行われている療法であるため、「整体とは何か」という明確な定義や学術体系というものはありません。また特に決まった教育のシステムというものはありません。

一方、カイロプラクティックは欧米先進諸国で法制化され、WHOが認可していることからもお分かりの通り、医学・科学的に裏付けられて発展した治療法です。学問として確立されており、施術者や研究者の養成は大学・大学院で行われています(スイス、デンマークでは医師と同じ医学部での教育が行われています)。

こうした事実からも、本質的に異なる両者を比較することには無理があります。

補足:カイロの法制化が遅れている日本では、公的資格や教育基準がないことから、誰でも自由にカイロプラクティックを自称して開業することが可能です。そのため、カイロの看板を掲げている整体院、整骨院、マッサージ院、サロンも多く、カイロについての様々な誤解、誤報が生じる一因にもなっています。



カイロプラクティックには国際基準があります。



国際社会では、既にカイロプラクター(施術者)の教育や業務基準などがあり、カイロが法制化されている国はその基準に準拠しています。

これは2005年にWHO(世界保健機関)が作成したガイドラインによるもので、 ガイドラインでは、安全で効果的な業務を行うには4200時間以上の大学専門教育(学位取得レベル)、又はそれに準じた教育の履修が必要だとされています。

因みに、これは日本の医療類似行為の国家資格(柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師など)の教育履修時間(2400時間)を大きく上回るカリキュラムとなります。

また、医師や歯科医師がカイロを行う場合には、別途2200時間以上の専門教育の履修が必要だとしています。

つまり、脊椎(背骨や骨盤など)を安全に正しく施術するには、専門の医学知識と技術が必要だということなのです。(参考:2005 世界保健機関ガイドライン)

詳細についてはWHO国際基準のカイロプラクティックとはのページをご覧下さい。

 

カイロプラクティックの有効性について

一昔前には、カイロプラクティックの有効性について懐疑的・否定的な意見もありましたが、近年の本格的な調査・研究によって、それらは過去のものとなっています。

カイロプラクティックの有効性を認めた主な調査研究

国名 調査研究機関
アメリカ(米) 米国連邦政府ヘルスケア対策研究局
・米国厚生省(ランド研究所)
イギリス(英) 英国政府臨床スタンダード委員会
NICS(英国国立臨床評価機構)調査委員会
オーストラリア
豪厚生省メディケア受益検討委員会
EU(欧州連合) 欧州(9カ国)慢性腰痛ガイドラインワーキンググループ
スウェーデン スウェーデン政府代替医療委員会
ニュージーランド ニュージーランド政府カイロプラクティック調査委員会
カナダ カナダ・オンタリオ州政府(マンガレポート)
・カナダ・ケベック州政府調査委員会
国連 世界保健機関(WHO)カイロプラクティック調査委員会
調査機関 調査研究報告書
日本腰痛学会 日本腰痛学会・腰痛診療ガイドライン(2012年)
米国内科学会 ◆米国内科学会と米国疼痛学会における統合臨床診療ガイドライン(2007年)
◆急性と亜急性の頚部痛に対する脊椎マニピュレーション、薬物治療、運動指導の比較研究(2012年)
◆急性、亜急性、慢性の腰痛に対する保存療法の臨床業務ガイドライン(2017年)
運動器の10年調査委員会 運動器の10年・頚部痛とその関連疾患の調査(2008年)
国際ガイドライン研究チーム オピオイド系鎮痛剤療法と非癌性疼痛のガイドライン(2017年)

各国の調査研究の詳細はカイロプラクティックの安全性・有効性をご覧下さい。


適応症&禁忌(不適応症)

医学研究から、特に筋骨格系の問題に効果があることが広く認知されています。具体的には腰痛、ギックリ腰、背中の痛み、寝違え、ムチウチ、首の痛み、頭痛、肩こり、肩の痛み、膝の痛み、手や腕の痛みやシビレ、足や脚の痛みやシビレ、股関節の痛み、姿勢のゆがみ等です。

また神経系への作用により、自律神経の異常、手足の冷え、高・低血圧、生理痛、ストレス軽減、内蔵機能の低下、老化防止などにも効果が期待できます。

禁忌(不適応)な問題には、癌、出血しやすい病気、高熱を伴う病気、伝染病、骨折などが挙げられます。


カイロプラクティックの施術方法について

カイロプラクティックでは、神経の伝達異常を起たす原因となる、脊椎(背骨や骨盤)などの関節に発生した機能異常(サブラクセーションとも呼びます)を調整(アジャスト、マニピュレーション)することに、最大の特徴があります。

その他、必要に応じて、筋肉などの軟部組織へのアプローチ、物理療法、栄養指導、運動指導などを行う場合もあります。

画像:アクティベータ器具を用いた背骨の調整

100年以上の歴史を持つカイロプラクティックでは、100種類以上の施術方法(テクニック・システム)が開発されています。そのため、同じ国際基準(WHO基準)のカイロでも、施設によって施術方法は異なります。

これらの施術(調整)方法を大きく分けると、瞬間的に強い力を用いるスラスト系と、軽い力を用いるノン・スラスト(low force)系とがあります。カイロと聞いて多くの人がイメージされる、ポキポキ音を伴う調整というのはスラスト系になります。

※当院では、ノン・スラスト系のテクニックを主体とした調整方法を用いています。

それぞれ手段(方法)は異なりますが、神経機能(働き)を正常化することがカイロプラクティック共通の治療目的です。

また伝統的なカイロでは、脊椎(背骨や骨盤など)のゆがみや変位などの「構造的な問題」を重視する傾向がありましたが、科学研究の進歩から、近年のカイロでは、神経の働き方などの「機能的な問題」を重視する様になっており、施術方法も多様化しています。

当院では、神経科学に基づく最新のカイロプラクティック理論を導入しています。

詳細はカイロプラクティックの原理&最新理論をご覧下さい。