WFC政策宣言について

 

 

カイロプラクティックが法制化されていない国々において、正規な教育を受けずにカイロプラクターとして開業している人たちがいる。その人たちは、「カイロプラクティック教育」と称する非公式な学校や短期教育を受けてきた。これらの状態は、国民の健康とカイロプラクティック業界の名誉に反することを認め、WFCパリ大会で次の宣言を行なう。

「カイロプラクター」、「ドクター・オブ・カイロプラクティック」、あるいはそれに類する名称使用は、下記の者に限定する。

  • ①表記の法的な免許をもち登録されたカイロプラクター
  • ②正式なカイロプラクティック認定団体(例:カイロプラクティック教育審議会/CCE)または、政府認定団体による正規な教育機関の卒業生
  • ③WFC国際憲章(1997年)に従い、WFCに加盟するその国の団体(日本では日本カイロプラクターズ協会)が承認した教育プログラムの修了者

2001年WFCパリ総会にて採択

※法的な拘束力までは有しませんが、WFCは上記を満たす者のみをカイロプラクターとして認めています。またこれは、後(2005年)に発行されたWHOガイドラインの教育基準と実質的に同じ水準となっています。


国際的に通用するカイロプラクターの資格(カイロを行うために必要な教育を修めていることを客観的に証明する学位称号)には複数の種類があります。例えば、

  • Doctor of Chiropractic(D.C)
    ドクター・オブ・カイロプラクティック(アメリカ、カナダなど)
  • Bachelor of Chiropractic Sciense (B.C.Sc)
    カイロプラクティック理学士(イギリス、オーストラリアなど)


・・など、国や地域の学制や文化によって名称が異なります。(D.C=北米文化圏の職業系の学位、B.C.Sc=英国文化圏のアカデミック系の学位)

海外カイロ大学の短期研修会などの修了証は学位ではありません。


当院の施術者は、豪州公認のカイロプラクティック理学士号(B.C.Sc.)取得者であり、WFCの定める正規なカイロプラクターとして国際的に認められています。

国内の短期養成校が発行する卒業証や認定証はプライベートなものであり、国際的には通用しません。

尚、カイロプラクティックに関する過去の日本政府の主な見解は以下の通りです。

「カイロプラクティック療法は、脊椎を調整する点において、あん摩マッサージ指圧とは異なるものと解する。」(昭和45年、宮城県知事からの質問に対する厚生省医局長の回答)

「カイロプラクティック療法は、脊椎を調整することにより、神経の回復を図ることを目的とする療法とされており、この点において、あん摩マッサージ指圧と区別されるものと考えられる。」 (平成4年、国会での内閣総理大臣、宮澤喜一氏の答弁)

また、2010年の衆議院行政監視委員会では、厚生労働大臣政務官より(日本では今後の研究が必要との姿勢をとりながらも)「アメリカなどではカイロプラクティックの有効性が認められ、WHOもそれに基づいて教育のガイドラインを出したことは承知している」と、日本の国会で初めてカイロの有効性についての言及がありました。

2014年には日本カイロプラクティック登録機構によるWHO基準カイロプラクターの登録制度が始まり、登録者名簿が厚生労働省医政局医事課に提出、受理されています。

補足資格制度のない日本で、なぜ開業できるのか?


補足:WFC(世界カイロプラクティック連合)とは

 1988年に設立。現在約85カ国が加盟する世界最大のカイロ業界団体(カイロ法制化国の主要なカイロ協会は全てWFCに加盟しています)。1997年より国連機関のWHO(世界保健機関)のNGOとの正式な関係を持ち、医科学国際組織(CIOMS)および多数の国別、国際組織と提携関係にあります(2005年にはWHOのカイロプラクティック・ガイドライン作成にも協力)。主な活動目的として、「カイロの教育、研究、業務に、世界共通の基準を推奨する」、「カイロや世界の健康分野に関する情報提供を会員および社会に発信する」、「法制化に関する資料提供やアドバイスを行なう」などを挙げています。外部リンクWFC

参考/JACガイドブック、他