WHO基準(国際基準)の正式なカイロとは

 

安全で質の良い施術を受けていただくために

 

脊椎(背骨や骨盤など)を施術するには、高度な医学知識と専門技術が必要なことから、カイロプラクティックが法制化されている国のカイロプラクター(施術者)の養成には、医学部水準の大学専門教育(カイロ学位の取得)が行われています。

一方、カイロプラクティックが法制化されていない現在の日本では、整体やリラクゼーションと同様の民間療法として、教育の有無を問わず、誰でも自由にカイロプラクター等を称し、施術をしたり開業することが可能です。(最近、整骨院で業務外の骨盤矯正などが行われているのも、そうした理由によります)

そのため、数日間の講習会~の短期養成で施術・開業している者も多く、国内業者のレベルは玉石混交(殆ど素人~カイロ大卒者)となっています。

そうした中、国民生活センターからは、未熟な業者による粗雑な施術に起因した健康被害が多数報告されています。また、施術を装い人を集め、物品等を購入させることを目的とした悪質商法、資格商法、マルチ商法による苦情やトラブルなども報告されています。

WHOも公認(下項参照)している様に、カイロプラクティック自体は安全性や有効性が認められている素性の確かな補完代替医療です。日本における問題は、それを行う業者の資質にあります。

この様な日本の現状を踏まえ、国際社会における安全で質の良いカイロプラクティックの客観的な目安であるWHO基準(国際基準)について紹介します。


WHO(世界保健機関)はカイロプラクティックを公認しています。

 

保健医療の最高権威である国連のWHO(世界保健機関)は、補完代替医療としてカイロプラクティックを公認しています。(WHOが認めている医療は、西洋医学の他には、鍼灸とカイロプラクティック)

WHOが認める正統なカイロには、WHOのNGO(非政府組織)に所属する世界カイロプラクティック連合(WFC)という国際組織があります。WFCの日本代表団体は日本カイロプラクターズ協会(JAC)が務めています 。補:WFCの政策宣言

 

WHOはカイロプラクティックに関するガイドラインを提示しています。

 

2005年、WHO(世界保健機関)では、未だカイロプラクティックが法制化されていない国において、低レベルな施術行為などから患者さんを保護し、安全で有用な業務を推進するため「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン」を提示しました。

WHOガイドラインでは、安全で効果的な治療を行なうには、最低でも大学/学位取得レベルでの教育の修了が必要だとされています。補:WHOガイドライン要旨

 

当院は、WHO基準の正式なカイロプラクターです。


当院はWHO基準を満たすカイロプラクター(学位取得者)のみが施術を行っていますので、安心して受けていただくことが出来ます。

現在、国内でWHO基準を満たすことのできる業者数は全体の約3%、甲信越地域では数名程です

国民の誰もが安心して施術を受けることのできる様、WHO基準(国際基準)を満たすカイロプラクターのさらなる増加、早期の法制化が望まれています。



近年では、国民生活センターや日本広告審査機構(JARO)などの公的機関、医師学会、医学専門誌、報道・マスコミ各社が、安全なカイロプラクティック業者の目安として、WHO基準を取り上げる様になっています。

参考:「治療」2010年2月号(南山堂)より

 

医学専門誌「治療」2010年2月号(南山堂)に「無資格の施術(整体、カイロプラクティックなど)レビュー」が掲載されました。 執筆を担当した整形外科医(医学博士)は、「現在の日本において、脊椎徒手療法(背骨や骨盤などの矯正=スラスト)を行なう施術者が、治療上の安全の確保と危険性の回避に関して信頼できるか否かの判断基準は、他の医療系国家資格の有無を問わず、WHO基準の教育を修めているか否かに尽きる」と指摘しています。

日本で行われている脊椎徒手療法の種類 技術の安全性 危険回避能力
カイロプラクティック(WHO基準) ★★★ ★★
整体
オステオパシー
医師以外の国家資格者による上記療法の施術 ★★

信頼性は低い★ ある程度信頼できる★★ 信頼できる★★★

*危険回避能力=学術的な鑑別診断に基づく施術の適否の判断能力

(参考資料:治療2010.2/南山堂)

参考資料:サンデー毎日(毎日新聞社)2012.12.14号より


国民生活センターの被害相談825件のうち、112件が「整骨院での施術」によるものだった。「日本臨床整形外科学会」の09~11年の会員調査でも被害を訴えた来院者の多くが整骨院で施術を受けていたとされる・・。


整骨院とは国家資格を持つ柔道整復師(柔整師)しか開業できず、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの施術(治療)を専門に行う。


整骨院などでの事故に詳しい整形外科医は「柔整師は免許を取ればすぐに開業できるので、未熟なまま開業してしまうケースが増えています。乱立状態になり、生き残りのため(専門外である)整体、カイロプラクティックなどを取り入れて無理な施術をしてしまうおそれがある」と分析する・・。


柔整師約5万人のうち2万人近くが会員の「日本柔道整復師会」の副会長に聞いた・・「会員には整骨院で整体やカイロを行わないよう指導し、多くは厳しい倫理網領も守っている。そうした院には会の認定証を与えています。

ただ、指導を厳しくするほど会を抜ける柔整師が増え、金儲けに走る者も中にはいる。指導や調査が非会員まで及ばない現実もあり、悩ましい」 ー 。

 

 

参考:共同通信(2013年4月1日)/健康被害防止へ安全指針・・外部リンク



参考:週間朝日(朝日新聞社)2013年5月17日号より


週間朝日に、本当に効く「整体・カイロプラクティック」見分け方、使い方という特集記事が掲載されました。本誌では国民生活センターからの被害報告を踏まえ、読者が安全で効果的な整体やカイロプラクティック施設を選ぶためのポイントを挙げ、「WHOが定める教育基準を満たしているカイロプラクターの施設が望ましい」として、WHO基準の日本カイロプラクターズ協会(JAC)認定オフィスが紹介されました。

外部リンク:朝日dot.「ボルトも五輪で利用したカイロプラクティックの有効性!」

外部リンク:朝日dot.「質のいい整体・カイロプラクティック選びの五箇条」



参考:日本統合医療学会学会誌より



2010年の衆議院行政監視委員会では、厚生労働大臣政務官より(日本では今後の研究が必要との姿勢をとりながらも)「アメリカなどではカイロプラクティックの有効性が認められ、WHOもそれに基づいて教育のガイドラインを出したことは承知している」と、日本の国会で初めてカイロの有効性、WHOガイドライン基準についての言及がありました。

また、2014年には日本カイロプラクティック登録機構(JCR)によるWHO基準カイロプラクターの登録制度が始まり、基準を満たした登録者名簿が厚生労働省医政局医事課に提出、受理されています。(以降、毎年提出中)

近年では、WHOガイドラインに則り、フランス、イタリアなどの国で法制化が成されています。国民が安心して質の高いケアを受けることのできる様、我が国でもWHO基準を満たすカイロプラクターの更なる増加、そして行政による(先送り体質を改めた)早期の法制化が望まれています。


カイロプラクティックが法制化されている国と地域(2017年現在)


アメリカ、イギリス、オーストラリア、ベルギー、カナダ、ドイツ、フランス、デンマーク、スイス、フィンランド、アイスランド、イラン、イスラエル、キプロス、イタリア、リヒテンシュタイン、ナミビア、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、フィリピン、南アフリカ、スウェーデン、アラブ首長国連邦、ジンバブエ、ケイマン諸島、香港、バハマ、バルバドス、ボツワナ、コスタリカ、グアム、グアテマラ、リーワード諸島、レソト、マルタ、ニューカレドニア、ナイジェリア、ポルトガル、プエルトリコ、サウジアラビア、セルビア、タヒチ、タイ


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。