ゆがみに関する科学的な検証

 

見た目のゆがみやズレは、痛みの原因ではありません。

整体などの民間療法では、背骨や骨盤のゆがみが痛みなどの症状を起こす原因だと考え、それらの矯正を試みる施術を行っています。

また初期の時代(100年前)のカイロプラクティックでも、背骨などの位置がズレて背骨の隙間(椎間孔)を通過している神経が圧迫を受けることで、脳からの神経伝達が妨げられ、痛みなどの症状や病気がおこるとした考えがありました

しかし、科学的根拠に基づく医療(EBM)が求められてる今日では、そうした考えは改める必要があるでしょう。

参考資料

 

 

アメリカの医学者Fullnloveの研究報告では、腰痛患者200名と健常者200名の背骨のレントゲン写真を撮影し、比較をしたところ、背骨のゆがみ(側弯)は腰痛患者の30%に、健常者の45.5%に確認されています。

参考:医学誌Radiology.1957


参考資料


 

アメリカの医学者Levangieは、腰痛患者144名と健常者138名の骨盤を計測して腰痛との因果関係を調べました。
その結果、見た目の骨盤のゆがみ(非対称)と腰痛と間に因果関係はないということが判明しました。

参考:医学誌Spine.1999


こうした科学(医学)的な研究からも証明されている様に、

今日では「見た目には骨盤や背骨にゆがみやズレがあったとしても、それらの殆んどは痛みなどの症状を起こしている直接の原因ではない」という事が分かっています。

そして、これを反証する様な確かな研究報告は現在までにありません。(「背骨の位置のズレ⇒神経根圧迫病因説」は、今日のカイロプラクティックでは否定されています)

また近年では、今まで腰痛などの主原因とされていた、椎間板ヘルニアや関節軟骨の変形などの異常があっても、それらの殆どは痛みを起こす直接の原因ではなかったという事実も判明しています。

しかしながら、過去~現在に至るまで、カイロプラクティックのアジャスト(調整)を受けたことで、痛みが消失したり、様々な体の不調が改善したという人が、世界中に大勢いることも事実です。

つまり、カイロプラクティックの治療効果の本当の理由というのは、別にあるという訳なのです。

 

原因の多くは、関節機能障害(関節内部のゆがみ)にあります。

参考資料

 

 

スウェーデンの医師Tullbergらの研究では、骨盤部に症状を持つ10人の女性の骨盤を、特殊なレントゲン装置で三次元的に撮影し、コンピューターを使って厳密に計測して、手技による骨盤矯正(マニュピレーション)を行い、その前後での骨盤の位置関係を比較しています。

この実験でTullberg医師らは、「実験の前後で骨盤の解剖学的な位置関係に変化は見られなかったが、実験を行なう前の検査で確認された、骨盤(仙腸関節)の動きの制限と痛みの再現テストは正常化しており、関節へのマニュピレーション(調整)が明らかな臨床効果を生むことについては同意する。」と結論づけています。

参考:医学誌Spine,1998


この実験結果などから、

骨盤(仙腸関節)を手技を用いて矯正をした結果、見た目の骨盤のゆがみや位置のズレとは一切関係なく、 関節の動きが正常化し、痛み(症状)が改善しているという事実が判明しています。

また、カイロプラクティックの行うアジャストメント(調整)は、関節内部に動き与え、関節や周囲にある神経のセンサー(受容器)を刺激することで、神経系(大脳・小脳)を活性化したり、抑制する作用があるということが、脳・神経学分野の研究から徐々に分かって来ています。

さらに、関節軟骨の変形や椎間板のヘルニアや変性、分離などの構造的な異常が原因だと考えられていた痛みなどの症状、筋肉や筋膜のコリや張りなどの多くが、関節にある神経のセンサー(受容器)を刺激し、脳に適切な情報を入力することで、消失したり改善することが、近年の臨床研究などから分かって来ています。

つまり、腰痛などの症状を起こす原因の多くは、見た目の骨のゆがみや位置のズレ、軟骨や椎間板の変性などの構造的な異常にあるのではなく、機能的(動き方、働き方)な異常である関節の機能障害(関節内部のゆがみ)にある事が示唆されるのです。

関節機能障害(関節内部のゆがみ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包(下図)という膜に覆われています。

関節包の中には、関節の位置、動き、振動、速度、加重などを感知する神経のセンサー(受容器)があり、それらセンサーからの情報が、司令塔である脳や脊髄に送られることで、(その情報を元に、脳や脊髄が適切な命令を筋肉や靭帯に送るため)身体は滑らかに動くことが出来ます。

 

ところが、長時間の同じ姿勢、疲労の蓄積、運動のし過ぎなどによって、関節に過剰な負担が加わると、関節包が緊張し、副運動と呼ばれる関節包内部の関節面の遊び動き(0.5~2ミリ)が損なわれることがあります。

関節内部の遊びの動きが損なわれた状態が続くと、関節包の受容器(神経のセンサー)に誤作動が発生し、(負担が加わらなくても)関節包は常に緊張したままになってしまうことがあります。

関節内部の遊びの動きが損なわれ、関節包が緊張した状態が続くと、次第に周囲の組織も緊張し、それらの組織の受容器(痛み・不快に関わる神経のセンサーなど)が反応します。

そして、それらの受容器からの異常な情報が、末梢神経→脳の痛み中枢に伝わることで、痛み、しびれ、コリなどの症状が発生したり、また脳によるコントロールを受けている筋緊張のアンバランスによって、身体に見た目の歪みが発生したりします。

この様な状態を関節機能障害(関節内部のゆがみ)と言います。

尚、関節機能障害は主に「動き方、働き方」の異常であるため、形や位置を調べるX線やMRIの画像では確認することは困難です。

詳細:関節の機能と神経系(脳)との関係

 

尚、整体など骨の歪みや位置のズレを直すとした療法でも効果が見られる主な理由(もともと何もしなくても自然に治るもの、または心理的な効果を除く)というのは、「見た目の骨の歪みやズレを直そうと矯正を試みた際に、時々(偶発的に)関節包内部の動きの異常、ならびに関節周囲の受容器の異常が改善し、脳(神経系)の働きが正常化されるため・・」とするのが論理的です。

時々起こる偶発性を期待するのも良いかもしれませんが、直接的な施術(関節内部のゆがみを修正し、関節の受容器から正確な情報が脳や脊髄に届くようにすることで、神経系のネットワーク・システムを正常化したり、神経の可塑性を利用して神経ネットワークの再構築を促すための施術)を行った方が、より効果的だと言えます。

この様な理由から、当院の施術方法(神経科学に基づく先進的なカイロプラクティック)は、整体はもちろん、伝統的なカイロプラクティックとは手法が異なります。

当院では、伝統を尊重しつつも、それに固執するのではなく、科学的根拠に基づく施術(最新の科学的研究・検証結果)を臨床の場に積極的に取り入れることで、さらなる実績を上げています。

 

関節機能障害(関節内部のゆがみ)が原因の可能性があるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など