首の痛み・腕の痛みやシビレについて



首の痛みの原因

首の痛みには、首にのみに痛みがあるもの、首の痛みの他に、肩や腕の痛みやしびれを伴うものなどがあります。

首の痛みの原因としては、主に以下の疾患名が挙げられます。

整形外科的な領域の疾患

頚椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板症、変形性頚椎症、頚椎椎間関節症、頚椎性脊髄症、頚椎後腱靭帯骨化症、筋筋膜性疼痛(含む首のこり)、胸郭出口症候群、頚椎捻挫・挫傷(含むムチウチ)、急性首痛(含む寝違い)、骨折など

内科的な領域の疾患

帯状疱疹、心疾患、肝臓疾患、胆嚢疾患、膵臓疾患、パンコースト症候群など

脳外科的な領域の疾患

脳梗塞、筋萎縮症など

その他の疾患

うつ病、心身症、虫歯、顎関節症など

※首の痛み(含む肩~腕の痛みやシビレ)の大半は整形外科的な領域のものです。


当院の首の痛み(伴う肩~腕の痛みやしびれ)への施術について

当院の施術対象となるのは整形外科的な領域の痛みになります(その他では顎関節の問題も含まれます)。

その内、当院に首の痛みを訴えて訪れる人の訴えで特に多いのが、首のこりによる痛み、そして次に多いのが首の寝違いの痛み、首~肩・腕の痛みやシビレなどです。

また当院の施術というのは、基本的に椎間板ヘルニア、変形性頚椎症などの器質的な疾患が原因となる首の痛みや背中、腕にかけての痛みやしびれには殆ど効果は期待できません。(手技療法で椎間板の変性や軟骨の変形は直せません)

しかし、病院でそれら器質的な疾患が原因だと言われた人の中にも、当院の施術を受けたところ、痛みやシビレが消失したり改善するといったケースが数多く見られます。

どういう事か??と言うと、そうした人たちが病院で画像検査(X線・MRIなど)をした時に映し出された椎間板や関節軟骨の異常が、その時に発生している痛みやしびれの本当の原因ではなかったということなのです。

またこうした人を調べると、本来ならば減弱している腕の腱反射が正常であったり、障害を受けている神経の支配領域と症状のある部位とがが完全に一致していないなどの特徴が見られます。

これについての詳細は、腰痛のページに記載していますが、基本的には腰も首も背骨の一部であり、起こりうる疾患も殆ど同じメカニズムで発症していることからも、同様の理由だと考えて良いと思います。

当院では、主に関節の神経機能障害(神経の伝達異常)を調べ、それらを修正する施術(調整)を行っていますが、神経機能障害というのは動き方、働き方の問題であって、変形や変性といった器質的な問題ではありません。そのため、関節の神経機能障害の有無はX線やMRIなどの画像では確認とすることは困難です。

首の痛みおよびそれに伴う腕の痛みやしびれがあり、なおかつ神経学的検査で陰性の場合、先ず、骨盤を構成している仙腸関節の神経機能障害が考えられます。首や腕なのに骨盤??と、不思議に思われる方も多いでしょうが、臨床的に見て、仙腸関節の神経機能障害は、首の痛み、腕の痛みやしびれの症状を起こす最も多い原因となっています。

 

次に首の痛み原因として多いのは、後頭骨と環椎(第1頚椎)との関節、軸椎(第2頚椎)と第3頚椎との関節、第1肋骨と第1胸椎との関節の神経機能障害などです。

また首から腕の痛みやしびれの原因として多いのは、第1肋骨と第1胸椎との関節、第2肋骨と第2胸椎との関節、第2肋骨(胸側)と胸骨との関節の神経機能障害などです。

(第2-3頚椎の椎間関節)

(第1肋骨と第1胸椎との関節)


なお、施術方法の詳細については施術の流れ&特徴をご参照下さい。

 

首の痛み、それに伴う肩・腕の痛みやしびれでお悩みの方へ

首の痛みや腕のしびれで病院に行ったところ「骨には異常がない」と言われた人が、当院で関節のセンサーの誤作動を修正したところ、直ぐに消失・改善することも多く、また、病院で椎間板や軟骨の異常を指摘された人あっても、関節のセンサーの異常を修正してみると、症状が消失したり軽減するということも珍しいことではありません。

臨床的に見て、首の痛み&腕の痛みやしびれの70パーセント以上は、関節の神経機能障害(神経の伝達異常)に起因するものと考えています。

もちろん、痛みやしびれの原因が器質的な疾患である場合もあります。先にも説明しましたが、そうしたものが本当の原因であれば、当院の施術では効果が期待できませんので、整形外科などの医療機関での治療が必要になります。(但し関節の神経機能障害を修正し、関節の動きをスムーズにすることで変形や変性の進行を抑制する効果は期待できます)

しかしながら、その判断をするだけでも施術を受けてみる価値はあると当院では考えています。何故なら、頚部の手術ともなればリスクも高く、また時には不必要な手術をせずに済むかもしれないからです。

 

関節の神経機能障害(神経の伝達異常)が原因である可能性のあるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など