肩こり・首のこりへの施術について

 

肩こり、首のこりについて


肩こり、首のこりでは、強く揉んだり、押したりするのはNGです!

首や肩のこりや痛みでお悩みの人は、頻繁にマッサージを受けたり、また自分で揉んだり、叩いたり、押したりしているという人も多い様です。

しかし、近年、強い圧で筋肉を揉んだり押したりすると、その時は刺激(脳で麻薬様の物質が放出される)で楽に感じたり、やってもらった感がしても、実際には、脊髄の反射によって、筋肉は逆に緊張していることが実験からも判明しています。

以前は、乳酸などの物質が筋肉内に蓄積されることで、筋肉の凝りや疲労が起こるとされていましたが、近年の脳科学分野の研究により、実際には、脳の疲労(脳代謝のアンバランス)が原因であることが分かって来ました。

強く揉んだり押したりを頻繁に繰り返していると、感覚受容器(皮膚や筋肉にあるセンサー)からの情報(信号)を脳が的確に判断できなくなって、脳は常に緊張したままになってしまいます。

多くの場合、麻薬と同じ様に、一時的に脳を騙しても、しばらく時間が経つと、脳は凝りを感じるようになります。そして徐々に、より強く、頻繁に刺激しなければ、楽になったと感じられない様になって行きます...まさに負のスパイラルです。

指圧や揉みほぐしなどで、皮下組織に強い圧力が加えられることで、末梢神経や毛細血管を傷め、揉み見返し、知覚過敏などの神経障害が表れることもあります。

また、強い圧力によって筋線維が損傷を繰り返すことで、筋肉のコラーゲン成分が血液中に溶け出し、それが腎臓に負担をかけ、痛みや疲れなどを感じやすくなったりします(重度の場合、横紋筋融解症といいます)。

近年、(今まで良かれと思って行っていた)そうした行為の繰り返しこそが、首の痛みや肩こり(腰痛なども同様です)の慢性化や難治化の要因になっていると考えられています。

また強い刺激というのは脳を興奮させるため、スッキリ感はあるものの、実際には脳の疲労をマスキングしているに過ぎず(カフェインで一時的に覚醒させる様なもの)、それを頻繁に行うことで、脳の疲労が取れないままに疲労は蓄積されて行きます。結果、脳や心臓疾患、また所謂「突然死」のリスクが高まることも考えられます。

 

 

総じて、体への強い刺激というのは、その時は気持ちが良い、スッキリしたと感じたとしても、長期的には身体(健康)にとって良いことではなさそうです。

セルフケアでマッサージしている、してもらうという場合には、グイグイと押したりせず、軽めに行うのが賢明でしょう。(軽くゆっくりと摩ることで、オキシトシンという「幸せホルモン」の分泌が促進されます)


関節機能異常を修正することで、首・肩こりの多くが改善しています。

当院のカイロプラクティック(整体とは異なります)で骨盤や背中、首などの関節機能異常(動き、働き方の異常)を見つけ、修正すると、患者さん達が訴えていた首や肩のこりや痛みの多くが消失したり、軽減しています。

筋肉を揉んだり、押したり、伸ばしたり、また骨をボキボキせずとも、関節機能異常を修正すれば、多くの場合、その場で筋肉や筋膜の緊張が緩みます。(日頃からマッサージや整体などを受けている人の多くは、施術時の刺激の少なさや短時間での変化にびっくりされます)

何故かというと、筋肉や筋膜の伸縮(さらには血液やリンパ液の流れ)をコントロールしているのは脳(神経系)であり、関節内部の動きの異常を修正することで、関節にあるセンサー(感覚受容器)が刺激され、神経の働きが正常化するからなのです。

つまり、当院の施術というのは、結果(筋肉、筋膜、ゆがみ)ではなく、原因(神経系)へのアプローチをしているという訳です。

また肩凝りや首の痛みなどの症状を訴える人の中で、骨盤(仙腸関節)の内部の動きに異常がある人は、背骨の両脇にある背筋(脊柱起立筋群)や筋膜が、腰から背中、頭の付け根にかけてまで硬く緊張しているのが確認されます。(臨床経験上、過去に腰痛歴がある肩こり持ちの人の100%近くに、仙腸関節の機能異常が見つかります)

仙腸関節(前方より)

仙腸関節(後方より)


骨盤(仙腸関節)以外にも、首の痛みや肩こりの発生に深く関係している関節があります。例えば(下図、上から順に)、肋骨、鎖骨、頚椎部分の関節です。

頚椎部の関節

胸骨と鎖骨の関節

肋骨と胸椎との関節


頭痛、腕、肘、手指の痛みやシビレが消失・改善することも多い。

仙腸関節に加え、これらの関節の機能異常を修正し、神経の働きを正常化することで、こりや痛みが消失したり、改善するケースというのもよく見らます。

またこれらの関節の異常は、首・肩のこりや痛み以外にも、頭痛、寝違い、腕や肘、手指などの遠く離れた部位にも、痛みやシビレを起こす事が数多くあります。

これらは軟部組織緊張連鎖と言って、仙腸関節を中心に、筋肉や筋膜の緊張が身体の上部や下部(手先、足先)にまで波及(連鎖)するという、近年明らかになった知られざる身体の仕組みです。

整形外科等では、腕や手に痛みやシビレがあると、レントゲンやMRIの画像などから、頸椎の軟骨の変形(頚椎症)や頚椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群による神経圧迫が原因とされることが多いのですが、臨床的には、関節機能異常(動き、働き方の異常)が原因であることの方が多いと言えます。

 

ストレート・ネックが首の痛みや肩こりの原因?

また、首の痛みや肩こりに関連して、頸椎の生理的なCカーブの減少(ストレートネック)が原因として指摘されることがあります。しかし、当院で頚椎などの関節機能異常を修正すると、症状の改善に伴なって、ストレート・ネックも改善するケースが数多く見られます。

これらの臨床経験から、当院ではストレート・ネックそのものは痛みやこり、頭痛の原因ではなく、関節機能異常による結果(症状)のひとつだと考えています。

また、長時間のデスクワークなどで日頃から首肩腰への負担が大きい人は、どうしても関節に機能異常が再発するリスクが高くなります。

そうした人は、同じ姿勢を長く続けない、頻繁に首や肩、腕を動かす、時々立って身体を前後に曲げるなどの動作を行うことで再発を防ぐ必要があります。それでも追いつかない・・という場合には、定期的に施術を受けるなどして、神経の滞りをリセットする必要があります。

尚、関節機能異常の修正には繊細な技術を要するため、一般的な骨格矯正、骨盤矯正、体操等では修正することは困難です。(特に揉む、押す、引っ張るなどの強い刺激というのはNGです)

首・肩(背中)に不調のある方は、当院の施術を試されることをお勧めします。



関節機能異常(動き、働き方の異常)が原因である可能性があるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など