国際疼痛学会のカイロの有効性を示す研究報告


2018年7月、痛みに関する世界的権威である国際疼痛学会(IPSP)の機関誌「Pain」に「思春期の腰痛に対する脊椎マニピュレーション(カイロプラクティックで行う脊椎の調整)と運動療法」の研究報告が掲載されました。

 

研究は慢性腰痛を持つ思春期(12歳~18歳)患者を対象に行われました。

 

研究では、慢性腰痛を持つ185人の被験者を12週間の脊椎マニピュレーションと運動療法(リハビリ・体操)の併用グループと、運動療法のみのグループとの比較が行われました。

 

結果、開始から6ヶ月目に両グループの間に大きな差が出始め、脊椎マニピュレーション(カイロプラクティックで行う脊椎の調整)と運動療法との併用は、運動療法のみよりも1年以上の長期間で効果が見られることが分かりました。

 

また今回の研究(ランダム化試験)の結果は、慢性腰痛の治療への費用対効果についての答え&評価に役立つとしています。



参考:Pain (https://journals.lww.com/pain/pages/default.aspx)

 

長野県松本市 日本カイロプラクティックセンター松本東・整体院

 

2018年08月01日