ポリネシアでカイロプラクティックが法制化されました。

 

2018年6月、フランス領ポリネシア(タヒチなど)でWHO基準のカイロプラクティックの法制化が達成されました。Congratulation!(Felicitations!?)

 

現在、カイロプラクティックが法制化されている国や地域は44カ国です。日本でのカイロ法制化を目指している私たち業界関係者にとっても励みになります。

 

PS、私は行ったことが無いので、ポリネシアと聞くと、頭の中にはこんな(画像)イメージしか浮かびませんが・・。

 

・・参考までに、現在までにカイロプラクティックが法制化されている国と地域を揚げてみましょう。

 

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、ポルトガル、デンマーク、スイス、ベルギー、ノルウェー、リヒテンシュタイン、キプロス、イスラエル、アイスランド、フィンランド、スウェーデン、セルビア、南アフリカ、ジンバブエ、ナミビア、ナイジェリア、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、イラン、香港、タイ、フィリピン、パナマ、バハマ、コスタリカ、グァム、グアテマラ、バルバドス、ボツワナ、リーワード諸島、レソト、マルタ、ニューカレドニア、プエルトリコ、ケイマン諸島、ポリネシア諸島

 

国や地域によって、開業資格(国家資格、州資格、登録制など)、業務権限(診断権、X線の使用など)、業務範囲(第一次医療、代替医療など)、保険適応の割合などは異なりますが、カイロプラクター(施術者)の養成については皆、WHO(世界保健機関)ガイドラインの教育基準に則したものとなっています。

 

今日、WHO基準(国際基準)が世界のカイロプラクティックでは常識となっています。

 

 

長野県松本市 日本カイロプラクティックセンター松本東・整体院

 

2018年06月27日