施術の流れ&特徴

 

当院の施術の流れ&施術方法の特徴


①施術の流れ

 

調査(カウンセリング)

 

ご記入いただいた調査表などを参考に、お悩みの症状についてお尋ねします。この時点(または検査の時点)で医療機関での詳細な検査が必要と判断された場合、当日の施術を行わないこともあります。ご了承ください。

 

検査(評価)

 

どのような問題によるものかを把握するため、整形外科的検査、神経学的検査、姿勢、身体の歪み、関節の可動性、筋肉・筋膜の状態などを調べ、関節の神経機能障害(神経の伝達異常)のある部位を見つけます。

 

施術(調整)

 

検出された 関節の神経機能障害(神経の伝達異常)を修正し、末梢神経から中枢神経である脳に適切な情報を入力することにより、神経系の働き(ネットワーク・システム)が正常化する様に促します。

また状態によっては、神経反射を利用した様々なアプローチを組み合わせて脳にはたらきかけることで効果を高めます。

 

説明

 

施術の説明、日常生活でのアドバイス、今後の施術についてご提案します。

※当院では、高額な寝具やサプリメントなどの強要、勧誘セールスは行っていませんので、そうしたことが心配だという方はご安心ください。

 

②当院の施術(調整)方法の特徴

 

最新の神経科学に基づくカイロプラクティックを行う当院では、筋肉をもんだり、押したり、骨をボキボキ鳴らしたりする施術というのは行っていません。

なぜかと言うと、脊椎(背骨や骨盤など)の関節内部の僅かな動きの異常を修正し、関節の受容器(センサー)の誤作動をリセットすると、筋肉や筋膜の緊張は緩み、血液やリンパの流れは好くなり、また見た目の体のゆがみの多くも(自然に)改善することが分かって来たからです。

最近の脳・神経科学の分野では、関節などの受容器(センサー)から適切な情報(刺激)を入力し、脳代謝の偏り(アンバランス、脳の疲労)を是正すると、慢性的な痛みや自律神経の異常、心的ストレスなどの症状が改善したり、姿勢が改善したり、また神経の可塑性によって、低下した脳の機能を再構築できることが分かってきました。

また近年では、今まで椎間板のへルニアや変性、関節軟骨の変形、背骨や骨盤の見た目の歪みやズレが原因だと考えられていた、腰痛や関節痛、手足の痛みやシビレ、筋肉の凝りや筋膜の張りなどの症状、また身体のゆがみの多くが、関節内部の動きの異常を修正し、関節の受容器(センサー)の誤作動をリセットすることで、消失したり改善することも分かって来ています。

当院では、主に関節の神経機能障害(神経の伝達異常)を調べ、特殊な手技等を用いてそれらを修正する(センサーの誤作動をリセットし、末梢神経→中枢神経である脳に正しい情報を入力する)という理論に基づく施術を行い、実績を上げています。

 

関節の神経機能障害(神経の伝達異常)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包(下図)という膜に覆われています。

関節包の中には、関節の位置、動き、振動、速度、加重などを感知する受容器(センサー)があり、それら受容器からの情報が、末梢神経から司令塔である脳や脊髄に送られることで、(その情報を元に、脳や脊髄が適切な命令を筋肉や靭帯に送るため)身体はスムーズ動いたり、姿勢を維持することが出来ます。

 

ところが、長時間の同じ姿勢、疲労の蓄積、運動のし過ぎ、妊娠などによって、関節に過剰な負担が加わると、関節包が緊張し、関節包内部の関節面の遊び動き(0.5~2ミリ)が損なわれることがあります。

関節内部の遊びの動きが損なわれた状態が続くと、関節包の受容器(センサー)に誤作動が発生して、(負担が加わらなくても)関節包は常に緊張した状態のままになってしまうことがあります。

関節包が緊張した状態が続くと、次第に周囲の組織も緊張し、それらの組織の受容器(痛みや不快に反応するセンサー)が反応します。

そして、それらの異常な情報が末梢神経→脳に伝わることで、脳は痛み、しびれ、コリなどを感じたり、また脳によるコントロールを受ける筋緊張のアンバランスによって、身体にゆがみが発生したりします。

この様な状態を関節の神経機能障害(神経の伝達異常)と言います。

また「ゆがみ」として表現するならば、関節機能障害というのは、関節包内部に発生した僅かなゆがみと言えるものでしょう。

尚、関節機能障害というのは主に「動き方、働き方」の異常であるため、X線やMRIの画像では確認することは困難です。

つまり、画像診断に頼る傾向の強い病院(整形外科等)では(あったとしても)分からない場合が多い・・という訳です。

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係

 

初めて当院の施術を受けられた人の中には、過去に経験したことのないソフトかつ精密(高精度)な調整方法と、それによる効果(調整前後での体の変化)に驚かられ、カルチャー・ショックを受ける方も多い様です。

以下に、当院ならではの特殊な調整方法を紹介します。

 

手技を用いて関節包内部のゆがみを修正する調整方法

 

1つ目は、手を用いて関節包内部の動きの異常を修正する(受容器の誤作動を修正し、末梢神経→脳や脊髄に適切な情報を入力する)ことで、神経系の働きの正常化を促す調整方法です。

この方法では、調整を受けている人の殆どは体に軽く触れられている位の感覚しかありません。(時に1ミリ以下の精度が要求される、最高レベルの調整技術です)

関節と周囲の組織には、僅かな刺激でも反応する(閾値が低い)種類のタイプⅠ、Ⅱ受容器(センサー)があり、関節の神経機能障害が発生している部位では、これらの受容器が興奮状態にあるために、関節包や靭帯は緊張しています。

そこに少しでも余分な力が加わると、通常よりも興奮し感受性の高まっているⅠ、Ⅱ受容器が直ちに反応(関節静的反射、関節動的反射)するため、関節包や靭帯がさらに緊張してしまい、関節はロックされてしまいます。

関節受容器の種類 分布 性質
タイプⅠ 関節包 静的受容器 閾値が低く順応が遅い
タイプⅡ 関節包と脂肪体 動的受容器 閾値が低く順応が速い
タイプⅢ 関節靭帯 動的受容器 閾値が高く順応が遅い
タイプⅣ 関節包と関節靭帯 侵害受容器 閾値が高く順応しない

 

そのため、骨や関節を大きく動かす様な一般的な骨格矯正では、センサーにかかる刺激が強過ぎてしまい、関節内部の動きの異常を正確に修正することは出来ません。(多くの場合、痛い施術を我慢して受けたのに、関節の神経機能障害は殆ど修正されず・・となります)

関節の神経機能障害(神経の伝達異常)をリセットするには、タイプⅠ、Ⅱ受容器を刺激しないように「必要最小限の軽い力で調整を行う」ことが成否の鍵になります。(それは皆さんが想像しているよりも、ずっと軽い力だと思われます)


器具を用いて関節包内部のゆがみを修正する調整方法

 

2つ目は、米国で開発されたアクティベータという調整器具を使用して、関節包内部の動きの異常を修正(受容器の誤作動を修正し、末梢神経→脳や脊髄に適切な情報を入力)することで、神経系の働きの正常化を促す方法です。

アクティベータでは、人間の防御反応の速度(筋肉が収縮する速度)よりも矯正スピードが早いため、刺激に対して筋肉が収縮し、関節にロックが掛かってしまう前に関節包内部を一定量動かすことが出来ます。

またアクティベータから繰り出される振動は30~50Hzの周波数に設定されており、多くのセンサー(受容器)を活性化することが出来ます。(使用する際にパチンと音がしますが、通常は痛みを伴いません)

1つ目の方法(手指の繊細な感覚)には及びませんが、低刺激かつピンポイントでの効率的な調整を行うことが出来ます。

参考:2004年、米国アクティベータ・メソッドの国際上級試験に合格(甲信越地域初)。開発者でAMCT会長のDr.Fulur 氏(右)より祝福を受ける。

※状態によっては、上記以外の調整方法(テクニック)も使用します。