筋トレ・体操・ストレッチの問題

 

運動(筋トレ、体操、ストレッチ)をすれば治る?


「早く治すためには、どんな運動が効果的ですか?」 当院を訪れた患者さんからは、こうした類の質問や相談をよく受けます。

 

そうした方々の気持ちはよく分かります。以前には私も(早く良くなってもらいたいとの思いから)患者さん達にそうしたアドバイス(腹筋・背筋を、大腰筋を、インナーマッスルを鍛えて強化を、マッケンジー体操を、ストレッチを・・など)を行っていましたから・・。

 

近頃はテレビ番組や書籍等で、様々な運動療法や体操療法が紹介されています。また病院や治療院でも、当然のように運動療法を行ったり、体操など指導したりています。

 

もちろん、こうした運動や体操を行うことで痛みなどの症状が消失したり、明らかに改善するのであれば、その人はそれで良いと思います。

 

しかし、こうした運動や体操を行っても効果が見られないという人も多くいます。中にはそうした筋トレや体操、ストレッチなどを行ったところ、反って痛みやシビレの症状が悪化したという人もいます。

 

筋力や柔軟性の低下が痛みの原因??


世の中、筋力を増強したり身体が柔軟になれば痛みが消失、改善するという話がまかり通っています。

 

ところが、実際には、筋力の強いスポーツ選手、身体が柔らかいバレリーナでも、腰痛などに悩まされている人達は大勢います。(それが原因で辞める人も多いのです)


一方、日頃スポーツや運動とは殆ど無縁の人、身体の固い人であっても、特に腰痛などに悩むことの無い人達というのも、ごく普通にいます。

 

何かおかしい、つじつまが合わないと思いませんか?

 

臨床的に見れば、「筋力が弱いから痛みがある」というよりも「痛みがあるために日常生活動作が出来ず、その結果、運動(使用)不足で筋力が弱くなっている」というケースの方が圧倒的に多い様です。

 

痛みのために運動をすることに支障があるのに、運動をして痛みを治しましょうでは、本末転倒ではないでしょうか?

 

また、ストレッチ系の体操などの愛好者の中には、そもそも筋肉や筋膜組織を過伸張し過ぎたことで組織を損傷したり、捻挫の様に靭帯が伸び過ぎたことで、関節の支持力が不安定になっている人が多いのです。

 

ところが、そうした人の中には(身体が固いことが原因だと思い込み)さらに伸張し続けることで、痛めた組織が修復するのを妨げ(治りかけた傷口を広げてしまう)、いつまでも治らずに慢性化しているケースが多いのです。

 

もちろん、筋力があったり身体が柔軟であることの利点はあります。

 

当然ですが、同じ作業をした場合、筋肉量(筋力)があった方が疲労するまでの時間は長くなります。例えば、同じ量の水の入ったバケツを腕で提げた場合、筋肉量の多い人の方が長い時間それを保持することが出来ます。また体に大きな負荷がかかった場合、筋肉を収縮させ負荷に抵抗することで(筋肉量の少ない人よりも)怪我を防ぐことが出来るでしょう。

 

また、柔軟性がある人は身体の可動域が大きな分、身体の固い人に比べて怪我をするリスクは少なくなります。例えば、雪道を歩いている時に、足が滑べって思わぬ方向に股が開いてしまった場合には(身体の固い人よりも)怪我を防ぐことが出来るでしょう。

 

そうしたことからも、その人の仕事や日常生活にとって必要な筋肉量を維持したり、ある程度の柔軟性を保つことの必要性、重要性については異論はありません。

 

なお、骨折による長期間のギブスでの固定後のリハビリ、手術や病気による長期安静後の筋力増強、脳梗塞後のリハビリ(機能の回復運動)などとごちゃ混ぜになっている人もいるかもしれませんが、こうした運動療法はそもそもの目的が違います。

 

 

 

 

参考資料

 

平成16年度に厚生労働省により実施された「介護予防モデル事業」では、要介護1,2の人(449人)に対して、3ヶ月間の「筋肉トレーニング」「栄養指導」「口腔ケア」「閉じこもり予防」「フットケア」の5種類のプログラムを用意し、介護度の悪化を防いで自立につなげるための調査が行われました。


調査結果は、385人(64人がリタイヤ)のうち、介護予防モデル事業の実施前後で要介護度一次判定を行った98人の5種類のプログラムの平均改善率が43.9%、現状維持が39.8%、事業の実施前よりも悪化したが16.3%であったことが報告されました。


さらに事業プログラムの中の「筋力トレーニング」に注目すると、「握力」「膝伸展力」「開眼片足立ち」など、11項目が調査されました。


調査結果は、膝伸展力の改善が74.8%と最も高い改善率を示しました。一方で、右握力の悪化(低下)が39.4%、開眼片足立ちの悪化が31.1%など悪化率が改善率を上回る項目などもありました。「筋力トレーニング」の平均改善率は57.2%、悪化率は27.4%、現状維持が15.4%でした。


・・この調査報告で注目すべきなのは、改善したことよりも、筋力トレーニングを行ったことで、およそ4人中に1人がむしろ悪化している(健康の質が以前よりも低下している)という点です。

 

 

仙腸関節などの関節の機能障害が原因の場合には、運動や体操はNG!

当院の臨床経験から、(効果的とされている)運動しても改善しない人、そうした運動をしたことで反って悪化した人達の多くに、関節機能障害(神経の伝達異常)があるものと考えられます。

 

カイロプラクティック(≠整体)では以前から認識されていましたが、最近では、外傷や器質的な疾患以外の、痛みや凝り、シビレなどの症状の多くが、骨盤(仙腸関節)などの関節に発生した機能障害に起因しているということが、臨床研究などからも分かってています。

 

関節に機能障害が発生している関節では、関節包内部にある関節面での0.5~2mmの動き(自動車のハンドルにある遊びの様なもの)が損なわれており、滑らかに動くことの困難な状態となっています。

 

写真↑仙腸関節(前方から)

写真↑仙腸関節(後方から)

 

つまり、機能障害が発生している関節では、運動をする(体を動かす)時には「関節の内部は既に正常に動けない状態」になっています。だからこそ問題となる訳です。

 

運動時に自分で正常に動かせないものを、自分で運動をして正常に動かすというのは無茶な話ですし、正常に動かなくなっている部分を繰り返し動かすことで、関節にさらなる負担を与え、機能障害を悪化させてしまうケースも少なくありません。

 

また、一般的な骨盤矯正や指圧などで、仙腸関節やその周囲に強い圧力や刺激加えることで、関節内部にロックがかかり、機能障害がより強固なものになってしまうこともあります。

 

仙腸関節の機能障害を正確に調整するには、非常に繊細な専門の技術を要します。

 

機能障害の程度が軽ければ、運動や体操(または入浴)などを行うことで、緊張した筋肉が一時的に緩むことで痛みや凝りが軽減される場合もありますが、関節機能障害がある限り、すばらくすると(湯冷めをすれば)直ぐに戻ってしまいます。

 

 

関節機能障害、中でも仙腸関節の機能障害が及ぼす影響について知らないと、こうした不適切な対処を(医療従事者も含め)してしまいます。

 

特に仙腸関節に問題がある人で、何か運動を行っている人は、先ずは機能の異常を修正した上で運動を行うべきであり、機能異常を修正した後も、組織の修復期間として、痛みなどの症状が取れるまでの間(1~2週間位)は、なるべくそれらの運動を行わないことが望ましいと言えます。

 

例えば、それが腰痛などの痛みに良いとされているもの(ストレッチ、○○体操、水中ウォーキング、他)であってもです。

 

治療法と予防法とを混同しないことが肝要

当院では上記の理由から、機能障害が原因だと考えられる患者さんに対しては、しばらくの期間は痛みを誘発する運動や体操を積極的に行うことは避け、なるべく負荷の少ない姿勢をとる様にしたり、身体を休める時間を増やすことなどを勧めています。(回復した段階で必要があれば、予防のための体操などのアドバイスをしています)

 

そして、その方が患者さんの経過も良好な場合が多いです。

 

また、関節機能障害がある部位や周囲を強く押したり、揉むなどの行為、首や腰を引っ張る(牽引)というのは逆効果にもなりますので注意が必要です。

 

仙腸関節などの機能障害が原因であれば、それをリセットし、神経(脳)の働きの異常な状態が是正されるのに伴い、今まで痛みを伴っていた動作や運動をしても痛みが出現しなくなって来ます。痛みなく積極的に動けるようになることで、痛みのために低下した筋力も徐々に回復して来ます。

 

そうした時点で、適切な運動や体操、ストレッチなどを行うと、それらは身体にとってプラスに働き、再発予防や健康の維持・増進に役立ちます。

 

治療法と予防法とを履き違えない様にすることが肝要です。

 

2018年08月03日