見た目のゆがみは結果に過ぎません。


姿勢を制御しているのは神経系です

カイロプラクティックで身体の見た目のゆがみ改善が改善することはよくあります。しかし、こうしたゆがみの殆どは、痛みなどの症状を起こしている原因ではありません。

 

身体のゆがみの多くは、神経(脳)がコントロールしている筋肉の緊張状態のアンバランスによって発生しています。つまり、原因というよりも結果なのです。(カイロの治療目的は、背骨を真っ直ぐにすることでなく、神経の働きの正常化です)

 

脳科学から見て、カイロプラクティックで身体のゆがみが改善するのは、主に関節機能障害(神経の乱れ)をリセット(調整)することで、神経(脳)のはたらきが正常化され、筋肉や筋膜組織の緊張バランスが整うことによる結果だと言えます。

 

仮に、「背骨」をキャンプ用の三角型テントの支柱に、そして「筋肉」をテントの支柱を安定させるために地面に張るロープとして考えて見ましょう。

 

 

ロープ(筋肉)の張りが均等で無ければ、支柱(背骨)は不安定となり、テントにたわみが出たり傾いてしまいます。これが身体がゆがんでいる状態です。 そして、ロープ(筋肉)の張り具合が均等になる様に調節(コントロール)をしているのが神経系(脳を司令塔とする神経のネットワーク・システム)です。

 

参考:身体のゆがみの発生過程

 

背骨や骨盤の関節に機能障害(神経の乱れ)が発生

神経の制御を受ける筋肉の緊張にアンバランスが発生

緊張の強い側の筋肉に骨が引っ張られてゆがみが発生


 

つまり、ゆがみやズレが直ったから痛みなどの症状が改善したのではなく、神経の働きが正常化したから、痛みなどの症状が改善したり、身体のゆがみが改善するのです。

 

身体のゆがみ・ズレ≠関節機能障害(神経の乱れ)

もちろん、カイロプラクティックでは姿勢や身体の見た目ゆがみを重視しています。何故なら、身体のゆがみは神経の状態を探る手掛りとなるからです。

 

但し、身体にゆがみがあることと、関節に機能障害(神経の乱れ)があることとはイコールではありません。(重要なポイントです!)

 

当院がアジャストメント(調整)の対称としている関節機能障害というのは、見た目で分かる様な背骨のゆがみや骨の位置のズレではありません。

 

身体がゆがんでいても、関節に機能障害が無く、また神経系の働きが正常であれば、健康的には問題ありません。しかし、見た目にはゆがみが無くても、神経系のはたらきに異常があれば、健康上の問題を引き起こす原因となります。

 

皆さんの周りには、背骨が曲がっていても健康に過ごされている高齢者は大勢いますし、一見ゆがみの無い人(レントゲン写真では異常の見られない人)でも、関節機能障害が原因となり、腰痛などの症状を訴えている人が臨床の現場では大勢います。

 

また身体のゆがみには、生まれつきの骨の形状や筋肉の長さの違い、過去の骨折などが原因となっているものもあります。

 

しかし、これらに起因した身体のゆがみというのは、脳による適応反応(補正作用)によるものが殆ど(例:骨粗鬆症の圧迫骨折の治癒後に背中が円くなる)ですから、その人にとって全体としてバランスがとれ、神経系のはたらきに異常がなければ健康を損なう要因にはなりません。(この様な場合、脳はあえて身体をゆがませる事で、その人にとって最も快適に活動ができる状態を作っているとも言えるでしょう)

 

ですから、身体にゆがみがあるか無いかということだけで、健康か否かという安易な判定はすべきではありません。補:ゆがみに関する科学的な検証

 

また、そうした事が考慮されずに行われている容姿・美容目的などでの無理な骨格矯正というのは、脳の適応反応(補正作用)を崩壊させたり、新たに機能障害を発生させるなどし、その人の全体的な健康バランスを崩してしまう危険性さえあります。

 

健康の回復や維持に重要なのは機能性(働き方)なのです。 関節に機能障害が無く、また神経系のはたらきが正常であれば、背骨や骨盤などのゆがみも、その人(個人)の健康にとって最もバランスのとれた場所に落ち着くものなのです。

 

 

関節機能障害(神経の乱れ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包という膜に覆われています。本来、関節はその関節包の中で正常に動いてなければなりません。

 

しかし、ぶつけたり、ひねったり、長時間の同じ姿勢、疲労などによって関節に負担が加わることで、関節包内部にある0.5~2mmの動き(自動車のハンドルのあそびのようなもの)が損なわれ、関節内部がスムーズに動かなくなってしまう場合があります。

 

関節には関節の位置、動き、振動、速度、痛みなどの情報を感知し、神経を介して脳に情報を伝えるⅠ~Ⅳの4つのタイプの受容器(センサー)がありますが、関節内部の動きが悪くなると、それらの受容器(センサー)が誤作動を起こし、その信号が神経を介して脳に伝わることで、痛みやしびれ、コリ、張りなどが発生します。

 

この様な状態を関節機能障害(神経の乱れ)と言います。

 

尚、関節機能障害は動きや働き方の異常であるため、主に形状(変形、変性)や位置(ゆがみ、ズレ)などの構造的な異常を調べるX線やMRIの画像(整形外科)では確認することができません。

 

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係

 

 

 

関節機能障害(神経の乱れ)が原因である可能性があるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など

 

 

巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。


 

2016年12月20日