カイロプラクティックと哲学

ユニバーサル・インテリジェンス(宇宙の叡智)

カイロプラクティック(日本の整体とは異なります)には哲学があります。ここで少し紹介しましょう・・

 

カイロプラクティック哲学には、宇宙には全てのものを創造した知性(ユニバーサル・インテリジェンス)があるという大前提があります。 カイロプラクティックが扱う「ユニバーサル・インテリジェンス」には、宗教の神仏のような「人格」というものはありません。ユニバーサル・インテリジェンスには秩序立った、不変的な宇宙(自然)の法則があるのみです。その姿形を見ることはできませんが、私たち人間も、ユニバーサル・インテリジェンスによって(確かに)存在しているという訳なのです。

 

イネイト・インテリジェンス(内なる叡智)


そしてカイロプラクティック哲学では、このユニバーサル・インテリジェンスの一部分であり、私達の内側に存在している先天的な知性のことを「イネイト・インテリジェンス」(以下イネイト)と呼んでいます。

 

イネイトはユニバーサル・インテリジェンスが創った物質を寄せ集め、(ある)知性を使ってそれらの物質を組み合わせ、生命という現象を起こし、それを維持し、そして終わらせたりもしています。 イネイトは(人間が生きている間は)生命活動を維持するために、主に脳を司令塔にした神経系を使い、24時間休み無く、常に身体を監視し、制御、統合しています。

 

ですから(人間の体のことを誰よりもよく知っている)イネイトが、常に100パーセントの状態で働くことが出来れば、人間(生命)は100パーセントの能力(自己治癒力や身体的パフォーマンスなどの能力)を発揮することが出来るでしょう。

 

一方、もしもイネイトが100パーセントの状態で働くことが出来なければ、人間(生命)は、本来備わっている能力を100パーセントの状態で発揮することは出来ないでしょう。仮にイネイトの働きが20パーセント低下しているとすれば、80パーセントまでが、その人間が発揮することの出来る最大能力、能力の限界点になるでしょう。

 

では、イネイトが100パーセントの状態で働くことが出来ない状態があるとしたら、それにはどのようなケースが考えられるでしょうか

 

1つは、イネイトの力を超える様な、たとえば物理的な力や化学物質、放射線などによって神経細胞(または正しい遺伝子情報)そのものが破壊されてしまう様なケース。 そしてもう1つは、神経のスムーズな流れ(はたらき)が、体の何処かで、何かによって妨害されている様なケースです。

 

イネイトの持つパワーを最大限に引き出すには


解剖学的に見て、イネイトの働きを妨げる可能性のある、神経の流れ(はたらき)の滞りや乱れが最も起こり易い部位として、脊髄が収まり、末梢神経の多くが出入りをしている脊柱(背骨および骨盤)とその周辺が挙げられます。

 

それ故にカイロプラクティック(日本の整体とは異なります)では、神経の流れ(はたらき)が妨害されている状態(サブラクセーション:当HPでは関節の神経機能障害と表示)を取り除くことにより、イネイトの働きを最大限に引き出す(できるだけ100パーセントの状態に近づける)様にしているという訳です。

 

近年、遺伝子分野の研究が進み、私達の未来に大きな希望を与えてくれています。しかし、人間(生命)というのは、たとえば、時計を分解しても組み立て直せば再び動き出す・・という訳には行きません。実験室で人間の細胞を構成している物質を寄せ集めても、生きた細胞(生命)そのものは創れません。

 

また、量子物理学の分野では「物質(素粒子)の究極は物質にあらず」ということが分かって来ています・・いったい何が生命を創り出すのか?・・おそらく私達人間には永遠の謎でしょう。

 

しかし、たとえそれが永遠の謎だとしても、私達は「ユニバーサル・インテリジェンス」や「イネイト・インテリジェンス」の存在を感じたり、また、その叡智を活用することが出来ます。

 

PS:今日では少数派ですが、カイロプラクターの中には、こうした哲学的な要素(生気論とも言います)を全面に主張する原理主義的な人たちも未だにいます。


今日の大多数のカイロプラクターは、医学(科学)をベースとした見方(診方)をする「ミクスチャー」と呼ばれ、アジャスト(調整)を主体に様々な方法を組み合わせたアプローチを行っています。


筆者は「ミクスチャー」としての教育を受けており、それに基づいたアプローチをしていますが、カイロの効果を最大限に発揮するには、時には哲学的な捉え方というのも重要だと考えています。

 


 

 

2018年08月03日