カイロ誕生の話

 

カイロプラクティック(≠整体)の創始者、ダニエル・デビット・パーマー(1845~1913/上の写真)はアメリカ、アイオア州のダべンポートで治療業を営んでいました。


ある日のこと、パーマーは彼のオフィスの入ったビルで働くハービィ・リラート゛という青年に会いました。 そして彼は、ハービーが重度の難聴であり、それが17年前に突然起こったという事を知りました。また病院(医者)では全く原因がわからないという事を聞いたパーマーは、ハービィに興味を持ち、彼の体を観察してみました。 するとパーマーはハービィの背中を触って行くうちに、背骨のある部位に異常な感触があることに気づきました。


1895年(明治28年)の9月18日、パーマーはハービィを説得し、自分の手を使って異常のある背骨の部分に素早い押圧を加えてみました。すると、なんと17年間も聴こえなかったハービィの聴力に変化が現れ、その後数回の施術により、ハービィの聴力は完全に回復しました。


パーマーは、自分が行なった行為で何が起こったのか?いったい何がハービィの聴力を回復させたのか?について膨大な文献などを調べ考察しました。 そして、パーマーが導き出した結論は、「病気は、神経のトーン(はたらき)の変調によって引き起こされる。」というものでした。また「背骨に起こった異常(サブラクセーション)は、神経のはたらきに変調をきたす原因になる。」という、当時の西洋医学には無かった新しい概念でした。

 

そして、この新しい医学的概念は、パーマーの施術を受けて心臓病を克服した娘の父親であるサムエル・ウィード牧師の提案によって、ギリシャ語源のカイロ=「手」とプラクティコス=「~なされる/技術」とを合成したカイロプラクティック(Chiropractic)と名づけられました。

 

但し、骨格を調整するという治療行為そのものの歴史はとても古く、紀元前、西洋医学の父、医聖とされている、古代ギリシャ時代の医師ピポクラテスらによっても行なわれていました。しかし、それらを再発見するとともに、科学的、医学的に理論体系化し、洗練された手技医学として確立されたものがカイロプラクティック(≠整体)なのです。

 

 

D.D.パーマーによって創始されたカイロプラクティックは、彼が設立したパーマー・スクール(現パーマー・カイロプラクティック大学)で教えられ、彼の息子であるB.J.パーマーやD.D.パーマーの教え子達へと引き継がれ発展して行きます。

 

そして、カイロ治療を受けた多くのアメリカ国民の支持を受け、1913年のカンザス州での法制化を最初に、1974年迄には、アメリカ全州において医療(プライマリー・ヘルスケア)として法制化されました。 その後、世界中に広がったカイロプラクティックは、欧米先進国を中心に、現在までに世界44カ国で医療または代替医療として法制化されています(近年では、2007年にイタリアで、2010年にはイスラエルで医療として法制化されています)。

 

また、カイロの誕生からおよそ1世紀後の1997年には、世界カイロプラクティック連合(WFC)が国連のWHO(世界保健機関)のNGO(非政府組織)メンバーとして正式承認され、正統なヘルスケアとしての確固たる地位を築くに至っています。(現在WHOが認めている医療は、西洋医学以外では針灸とカイロプラクティック)

 

補足/日本人で最初のカイロプラクターは、日系人の森久保繁太郎氏(ウィスコンシン州にて開業)。日本に初めてカイロプラクティックが紹介されたのは、1916年にパーマースクールを卒業し、帰国をした川口三郎氏(神奈川にて開業)によるとされています。

 


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

2016年10月01日