仙腸関節の機能障害について

 

仙腸関節(せんちょうかんせつ)はミラクルポイント!

近年、器質的な問題が原因であるもの以外の腰痛や四肢の痛みやシビレの原因の多く(およそ80%)は、仙腸関節の機能障害を中心とした、脊椎や四肢の関節の機能障害(神経の働きの乱れ)にあることが臨床的に分かって来ました。

また、従来は椎間板ヘルニア、変形性脊椎症(関節症)、脊柱管狭窄症、分離症、すべり症などの器質的な問題が原因とされていた痛みの中にも、実際には、仙腸関節や腰椎椎間関節の機能障害に起因するものが多いということが、臨床的に分かって来ています。

仙腸関節(前方から)


仙腸関節(後方から)

中でも仙腸関節は特別な存在であり、仙腸関節の機能障害(神経の働きの乱れ)をリセットするだけで、腰痛のみならず、背中、肩、腕、手、首、頭、膝、足、胸などの痛みや感覚異常が消失したり軽減することが、臨床的によく見られます。

また、仙腸関節の機能障害をリセットすると、他の関節に発生している機能異常が、何ら手を加えずとも勝手にリセットされることが臨床上よく見られます。

逆に、他の関節の機能障害をリセットしても仙腸関節の機能障害はリセットされないことから、仙腸関節は1次的(メジャー)な異常であり、他の関節の機能障害の多くは、仙腸関節機能障害の結果発生した2次的(マイナー)な異常であると考えられます。

こうしたことからも、仙腸関節は身体の様々な箇所に影響を与えていると同時に、身体の様々な部位に発生した痛みなどを解消、改善できる可能性を持った「ミラクルポイント」と言えるのです。

 

機能的な異常は画像診断(見た目)では分からない


ところが、仙腸関節の機能障害については少々厄介な点があります。

それは、整形外科などの医療機関の多くでは、関節機能障害の有無が分からないという点です。病院ではX線写真やCT、MRIによる画像診断が行われますが、それらは主に構造的(形状、位置)な異常を写すものであり、機能的(動き、動き方)な異常である関節機能異常というのはそれらの画像には写りません。

そのため、痛みなどの症状があって画像にヘルニアが写っていれば、「椎間板ヘルニア」、関節軟骨に変形が見られると、「変形性関節症」・・などの診断が下される事が多いのです。

また画像に異常が見られなければ、「異常ありません」、「筋肉や筋膜の疲労」、「年齢(老化現象)のせい」、「精神的ストレス」、「腰痛症(原因不明の腰痛の総称)」などの診断が下されます。

そして、そうした診断名のもとに病院での治療を受けても治らないことから、病院での治療に見切りを付け、多くの患者さんが民間療法などに足を運んでいる・・という訳です。

仙腸関節の機能障害が多くの痛みの原因であることは、欧米では以前から知られていましたが、日本ではあまり普及していません。最近では日本の医師の中にも、仙腸関節の動きに着目し、それらの治療を行っている先進的なグループもあります。しかし、未だ多くの医師は知りませんし、認知はしていても、それを見つけ出し、修正する技術がありません。

 

関節機能障害(神経の働きの乱れ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包という膜に覆われています。本来、関節はその関節包の中で正常に動いてなければなりません。

しかし、何かしらの原因により関節包の中の0.5~3mmの動き(自動車のハンドルのあそびのようなもの)が損なわれ、関節内部がスムーズに動かなくなってしまう場合があります。

これを関節機能障害と言います。

 

関節には関節の位置、動き、振動、速度、痛みなどの情報を感知し、神経を介して脳に伝えるⅠ~Ⅳの4つのタイプの感覚受容器(センサー)があります。

関節機能障害の発生した関節では、それらの受容器(センサー)が誤作動を起こすなどし、神経系(脳)の働きに乱れ(アバランス)が発生します。

その結果、痛み、シビレ、凝り、自律神経の不調などの症状が発生するようになります。

尚、関節機能障害(神経の働きの乱れ)というのは機能的な異常であるため、主に形状や位置などの構造的な異常を調べるX線やMRIの画像では確認することができません。

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係


仙腸関節は可動関節!


仙腸関節機能障害を理解するには、欧米発の関節運動学や機能神経学といった専門分野の知識が必要なのですが、日本の医学部ではそれらの科目は教えられていません。そればかりか、医学生時代の大学の授業で、「仙腸関節は動かない(不動関節)」と教えられた医師さえ大勢います。

欧米ではカイロプラクティックなどの分野で、仙腸関節が動く(可動関節)ということは半世紀前には認識されており、英国の有名なグレイ解剖学書でも仙腸関節は可動関節として分類されていました。

ところが、筆者がカイロの学生だった80年代に使っていた日本の解剖学の本(東大医学部でも使っていたもの)では、仙腸関節は動かない関節として分類されていました。また、筆者の解剖学の授業を担当されていた(某医大でも教鞭をとられていた)先生は、「仙腸関節は動かない」と断言されていました。

どうしてこの様な見解の違いが生じていたのかと言うと、仙腸関節の動きは非常に小さく、通常行われる検体による解剖では、死後から時間が経過し、既に靭帯などの軟部組織が硬くなっているために関節の動きを確認することが出来なかったからです。

近年では日本でも、大阪大学大学院医学研究科の菅本一臣教授らの研究グループが、X線、MRI、CTを用いた関節運動の3D解析により、仙腸関節が動くことを証明すると共に、その動きを映像化することに成功しています。

今日では、仙腸関節=滑膜関節=可動関節、というのが世界では定説です。

但し、その動きは極僅かであるため、動くという表現よりも「あそびがある」という表現の方が理解しやすいかもしれません。

・・・業界事情はさておき、その影響を最も受けるのは患者さんです。画像診断と症状が完全に一致するかを厳密に調べ、それで間違いがないのであれば手術をするのも良いでしょうが、本当の原因は仙腸関節の機能障害にあるのに、画像診断から安易に別の診断がなされ、手術をしたらどうなるのか?

手術をしたのに治らない、しばらくしたら再発した、術後に神経障害が出現した、などといった話を耳にされたという方も多いのではないでしょうか。

この様な理由から、病院で治療を受けていてもあまり改善しないという方はもちろん、特に手術を受ける予定だという方は(ダメもとぐらいな気持ちで)仙腸関節などの関節機能障害の評価&調整を試してみることをお勧めします。

これらに関連してー

2005年11月29日~読売新聞の「医療ルネッサンス」で「腰痛のケア」が特集されました。その中で、日本の腰痛治療の権威である、福島県立医科大学教授(現同大学学長)の菊池臣一先生は以下のコメントをしています。

「画像や問診から病名が付けられていますが、実は、画像と原因が明確に一致する例は少ないのです。腰痛の無い人でも、画像診断をすると3割の人に椎間板ヘルニアが見つかります。逆に、腰痛を訴えていても、半数近くの人には画像上の異常が見つからない。原因が特定できる腰痛は15パーセント未満・・省略・・腰痛はありふれた症状ながら、実はよく分かっていないのです。」

関節機能障害(神経の働きの乱れ)が原因である可能性があるもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など


補:米国医師会ジャーナルでは、腰痛の手術をおこなう前の保存的治療として、カイロプラクティック(整体ではありません)を試すことを勧めています。

補:米国医師会ジャーナルでは、病院での腰痛治療では17%が改善するのに対し、病院での治療とカイロプラクティック(整体ではありません)の治療を併用することで、腰痛の改善率が73%になることが記載されています。


巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。