妊娠、出産と骨盤との関係

 

妊娠、出産と骨盤(仙腸関節)との関係

通常時の骨盤(仙腸関節)というのは、上半身の重みを支える必要性から強力な靭帯で補強されています。

妊娠をした女性の場合、出産予定日からおよそ6週間前になると、レラクシンというホルモンが分泌されます。レラクシンには靭帯を弛める作用があり、骨盤(仙腸関節や恥骨結合)の靭帯を弛めることで分娩をしやすくしています。また出産時に緩んだ靭帯が通常の状態に戻るまでの期間は、産後およそ6週間とされています。

後方から見た仙腸関節

前方から見た仙腸関節


そのため、出産前後それぞれ6週間の骨盤(特に仙腸関節)は、通常時に比べて不安定な状態にあると言えます。ですからこの期間は、普段であれば負担にならない動作であっても、骨盤(仙腸関節)には大きな負担となることがあります。

中腰の姿勢での作業、長時間の同じ姿勢、自転車の運転、重いものを持つ、筋トレやストレッチなどの運動・・何れも大きな負担となる可能性があります。(産後の不規則な睡眠時間や生活リズムなどから、脳のバランスが乱れて筋肉の動きにミスが起こりやすくなったりもします)

具体的には、仙腸関節の動きが過剰気味であるために、通常の可動範囲を超えて関節が動き、関節の内部がそのまま元に戻らずに引っかかった様な状態となって、結果、神経系(脳)のはたらきに悪影響を与えてしまうことがあります。この様な状態を関節機能障害(神経の働きの乱れ)と言います。

骨盤を構成する仙腸関節に機能障害が発生すると、腰痛の他、下肢の痛みや背中の痛みなどが起こります。

関節機能障害というのは働き方の問題(機能的な異常)であり、見た目で分かる様な骨のゆがみや位置のズレ(構造的な異常)ではありません。(よく骨盤が開く、ズレるというのは医学的に見て誤りです)

臨床的に見て、産後の腰痛、特に産後から約1ヶ月の間に発生する腰痛の多くは仙腸関節の機能障害が関与している可能性が大となります。またその様な場合は、仙腸関節を本来の正しい状態にリセットして、神経のはたらきが正常になるように促してやる必要があります。

産後しばらくの期間は、できるだけ重いものを持たない、同じ姿勢を長く続けない、ストレッチする様な運動をしない、などの配慮が必要です。産後は無理をしない、させないという昔からの言い伝えというのは、科学的に見ても合理的だと言えます。

 

関節機能障害(神経の働きの乱れ)とは


人体の関節は200以上あり、その殆どは関節包という膜に覆われています。本来、関節はその関節包の中で正常に動いてなければなりません。

しかし、何かしらの原因により関節包の中の0.5~3mmの動き(自動車のハンドルのあそびのようなもの)が損なわれ、関節内部がスムーズに動かなくなってしまう場合があります。

これを関節機能障害と言います。

 

関節には関節の位置、動き、振動、速度、痛みなどの情報を感知し、神経を介して脳に伝えるⅠ~Ⅳの4つのタイプの感覚受容器(センサー)があります。

関節機能障害の発生した関節では、それらの受容器(センサー)が誤作動を起こし、神経系(脳)の働きに乱れ(アバランス)が発生します。

その結果、痛み、シビレ、凝り、自律神経の不調などの症状が発生するようになります。

尚、関節機能障害(神経の働きの乱れ)というのは機能的な異常であるため、主に形状や位置などの構造的な異常を調べるX線やMRIの画像では確認することができません。

詳細:関節機能と神経系(脳)との関係


関節機能障害(神経の働きの乱れ)が原因である可能性の高いもの


頭痛/顔の痛み/原因不明の歯の痛み/顎関節の痛み/かみ合わせの異常/原因不明の耳鳴り/ムチウチで長期間にわたる首の痛みやコリ/首の痛み/腕や手指の痛み、シビレ/肩こりの大半/肩の痛み/野球肘、テニス肘とされる痛み/背中の痛みやコリ/肋骨の痛み/腰痛/椎間板や軟骨の異常が原因と考えられている腰痛、および下肢の痛み、シビレの多く/老化や骨粗鬆が原因と考えられている腰痛の多く/軟骨の変形が原因と考えられている股関節痛や膝関節痛の多く/原因不明の大腿部、ふくらはぎ、足の痛み、アキレス腱や踵の痛み/成長痛とされている痛み/自律神経の異常とされている症状/便秘/生理痛/手足の冷え/むくみ/身体のゆがみ/など

 

巷の整体とは異なる当院は、国連WHO(世界保健機関)のNGOである、世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の認定院です。現在、長野県中信地域(松本市・塩尻市・安曇野市・東筑摩郡・北安曇郡・大町市・木曽郡)では当院のみとなります。腰痛、肩こり、手足の痛みやシビレ、骨盤矯正など身体の不調でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。